ユキコ道

Rさんとの3回目デートの結果報告②一気に恋人ムードへ

恋人ムード

つい最近まで100%お友達だと思っていたRさん。

今回は付き合ってからは初回のデート。
今までのような友達の延長のような感じで、1軒目の食事デートは終了しました。

★友達から彼氏になったと意識した瞬間★

1軒目でたらふく大好物を食べて大満足!
来る前のモヤモヤはどこかにぶっ飛んでいました。
いつの間にかお会計を済ませてくれていたので、お店を出てから「本当に最高でした!ご馳走さまです。」とハイテンション気味にお礼を伝えると、Rさんも嬉しそう。
なぜかRさんといると元気になる。

もう1軒いこうか!と言われ、そのままついていこうとすると、自然だけど力強く手をつながれました。
ひゃーー!

当然のように振舞っているRさん。
きっとかなり緊張しているに違いない。
もしかしたらわたしの方が緊張していたかもしれない。
ついこの間まで友達だと思っていた人と、手をつなぐって。
変な感じでもありましたが、嬉しさもあり、照れもあり。
なんともいえない瞬間でした。

★Rさんの知り合いの方とばったり★

連れて行かれた2軒目に、偶然Rさんのお知り合いの方が何名かいらっしゃいました。
もちろんわたしは初対面。
「俺の彼女です」とさっそく紹介してくれました。
「はじめまして、ジェーンです」とわたしも挨拶し、しばらくみんなで会話。
Rさんはわたしが溶け込めるように、さりげなく気を回してくれていました。

っていうか…
しっかりデート用の服装で本当によかった。
ここはユキコ道のセオリー通り、白ワンピースで正解だった!
カジュアルにしなくて良かった!

いきなりの紹介で緊張しましたが、Rさんが一緒にいてくれたから大丈夫。
みんなから慕われているのを肌で感じました。
じゃなかったら、初対面のわたしにあれだけフレンドリーに接してくることはないでしょうから。

Rさんって外国人みたいだな、と思いました。
どんどん知り合いを紹介される。
しっかりコミュニケーションをとっていく。

わたしは全く違う性格ですし、周りにもこういうタイプはいなかったので多少戸惑いますが、なんだか楽しそうなのでこれから一緒に楽しんでいきたいと思います。
続く。

ABOUT ME
ジェーン
2018年は低所得恋愛依存地雷女→マッチングアプリ婚活→ユキコ道実践→挫折→溺愛理論実践→婚活卒業→現在でもユキコ道×溺愛理論を実践するバツイチアラフォー女性。 ユキコ道×溺愛理論を実践し、2021年に年収1000万超の男性と再婚。同年私の年収も在宅ワークのみで600万になる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。