ユキコ道

Rさんとの2回目デートの結果報告④ユキコ道をつらぬけない!

道端でハグ…!?
外国の方なら分かりますが、Rさんは日本人。
予想ですが、完全にテンパってたんだと思います。

★路上ハグは本当に斬新でした★

今まで路チューもされたことなければ、もちろん路ハグもなし。
もう斬新過ぎてどうしていいか分からない。
身動きとれずにいると、「もっと一緒にいたい」と再度言われました。

デートの延長は断らないのがユキコ道。
でもどこへ行ったらいいやら。
家には絶対にあげれないし。(これもユキコ道)

色んな選択肢を言われて断っていたら、結局Rさんの家に行くことになりました。
断るべきか断らないべきか。
ギリギリまで悩みましたが、ここは行くことにしました。
ユキコ道的にはアウトでしょうけど、自分に負けてしまった。

★ユキコ道をRさんには徹底できない★

結局Rさんの家にいき、3時間くらいで帰ってきました。
当たり前ですがプラトニックな時間。
でもRさんのことがよく知れたし、こんなに優しい人っているんだなぁと再確認できました。

でも本当は、Rさんを幸せにするためにユキコ道を厳守した方がいいんですよね。
分かっているんです。
でも居心地が良すぎて、どんどん愛情表現をしてくるRさんの提案を断りきれない。
自分からもどんどん話をする。
楽しいからどんどん時間が過ぎていく。

これは、まだ今はいいかもしれない。
でもこのまま行ったら絶対よくない。
もっと自分の感情をセーブしないと。
もっとミステリアスにならないと。

100%素直に愛情表現をしてくる相手に対してユキコ道を貫くのは、それはそれで厳しいものなんですね。
Nさんのときとはまた違った厳しさですが、Rさんの方が明らかにワクワクします。
色々手探りで、育んでいこうと思います。

ABOUT ME
ジェーン
2018年は低所得恋愛依存地雷女→マッチングアプリ婚活→ユキコ道実践→挫折→溺愛理論実践→婚活卒業→現在でもユキコ道×溺愛理論を実践するバツイチアラフォー女性。 ユキコ道×溺愛理論を実践し、2021年に年収1000万超の男性と再婚。同年私の年収も在宅ワークのみで600万になる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。