ユキコ道

Rさんとの3回目デートの結果報告①待ち合わせ場所に違和感…?

DSCF5847 (1)

どんどん予定を入れられるので、すぐに3回目のデートの日がやってきました。
今デートで会っていると思えば、次のデートの話。

「ここはどう?」
「その日はここでランチして~…」
「あ、ジェーンはどこいきたい?笑」
と、こんな感じ。
すごく嬉しくて、Rさんが連れて行きたいと思うところへ行ってみたい、と素直に思います。

★今回はぎりぎりまで待ち合わせ場所さえ分からなかった★

3回目のデートは、わたしの仕事が終わってからでした。
予定は抑えられてはいましたが、どこに何時に待ち合わせなのかは知らされず。

もしかして忘れてるのかな。
なぜか今日は連絡ないし、だったらこのまま家に帰ってゆっくりちゃおうかな。
と思っていた矢先。

「ここで待ち合わせね!何時になりそう??」とLINEが。
指定された場所は、わたしの場所から遠いところ。
Rさんは、わたしが昨日も今日も忙しいことを知っているのに…。
仕事で体力を消耗していたので、正直テンション下がりました。
でも、なぜかハイテンションなLINEが届く…。

イラっとして会うくらいなら断った方がいい、というユキコ道の教えもある。
でもドタキャンするほどじゃない。
体力を振り絞り、待ち合わせ場所に向かいました。

★Rさんが待ち合わせ場所を言わなかった理由★

時間通りに待ち合わせ場所に着くと、Rさんはすでに到着していました。
「おつかれさま!」などと軽く会話し、目的が決まっている感じで歩き始める。

あれ?
付き合って初めてのデートだから、しっかりオシャレしてきましたけど!?
明らかにいつもと違うテイストの服装ですけど!?
そこについては一切触れてこない。
まあいいけど。

歩きながら、「ジェーンをこのお店に連れて来たかった!」と、やっぱり行くお店は決まっていました。
ああ、わたしが疲れているのも分かってて、それでも連れて来たかったのね。
確かにそれはわたしの大好物。
席につくなりすぐにわたしの大好物をオーダーし、取り分けや追加も気を使ってくれました。
まっすぐなRさんを見ているとだんだん癒されてきて、さっきまでの不機嫌は飛んでいました。

サプライズのつもりだったのかもしれません。
疲れているわたしへのプレゼントだったのかもしれない。
「おいしい!!!」と頬張っていると、本当にRさんは嬉しそうでした。

でも、本当においしかった。
今まで食べたものよりも、ダントツにおいしかった。
Rさんと食べたからそう感じたのか。
いや、そのお店が本当によかったんだと思います笑
続く。



ABOUT ME
ジェーン
2018年は低所得恋愛依存地雷女→マッチングアプリ婚活→ユキコ道実践→挫折→溺愛理論実践→婚活卒業→現在でもユキコ道×溺愛理論を実践するバツイチアラフォー女性。 ユキコ道×溺愛理論を実践し、2021年に年収1000万超の男性と再婚。同年私の年収も在宅ワークのみで600万になる。

POSTED COMMENT

  1. 通りすがり より:

    自分を喜ばせる為に計画してくれるの嬉しいですよね♪ ただ理由も知らず遠い待ち合わせ場所とか詳細がギリギリだとテンション落ちますよね(>_<) 私も以前2人ほど波長が合わず、例えご馳走してもらっても時間と気持ちがもったいないと思った人はドタキャンしてしまいました。 お食事楽しかったみたいで良かったですね(*^^*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。