ユキコ道

Nさんとの6回目デートの結果報告②癒される、癒される、癒される

6回目のデートは、なんだかいつもとは違う感じ。
Nさんはいつもと同じだったかもしれないけれど、わたしは神がかったスペシャルモードに突入していました。

★テンションは高めだけど頭は冷静、という神モード★

二人きりになるやいなや、わたしから離れないNさん。
ずっとわたしのどこかに触れている。
ああ、癒される!

Nさんの気持ちが伝わってくる。
今日会えて嬉しい、触れ合っていたい、と伝わってくる。
ああ、癒される!

でもわたしの頭はなぜか冷静でした。
嬉しい。テンションも上がる。楽しい。でも冷静。
まさに神モードでした。

じゃれあいながら、色んな話をしました。
普段の生活や、やってみたいデートのこと。
そして、結婚することを前提にした2人の今後の話を、普通にさらりとされました。

そうか。
プロポーズされていますからね。
でも今まであまり具体的な話が出ていなかったのに、こんなにさらりと話すんだ。
意図的なのかどうかも分からない。
しかも大前提として認識されているんだ。
やっぱりわたしの頭は、まだついていっていないのかもしれない。
ついていけていませんでしたが、会話はわたしもさらりと続行。

Nさんはそういうタイプなんだろうな、と冷静に分析していました。
色々なことを、はっきりと言葉に出すタイプじゃない。
でも行動や、会話の中にたくさん盛り込んでくる。

今まで「もっとはっきり言ってほしい」と思っていましたが、そっちの方がよっぽどロマンチックに思えてきました。
次のステップに進んでいる話をさらりとし、自分の今の気持ちを伝えてくる。
かしこまらずに、会話の中に空気のように入れてくる。
Nさんはきっとそういう人。
すごく品がある。

今思えば、付き合うときも、プロポーズのときも、今回も、全部そう。
かしこまって「付き合ってください」「結婚してください」「結婚したら2人は~」がない。
それをわたしは「ん!?」「え?それって?」「分かりにくい!」と言っていました。
とほほ。
美しくないですね。

じゃれあいながらラブラブな時間を数時間過ごし、さらりと帰ってきました。
今回は、初めてユキコ道をそんなに意識せずに実践できたデート。
すごく癒されて、楽しくて、ロマンチックなデートでした。

ABOUT ME
ジェーン
2018年は低所得恋愛依存地雷女→マッチングアプリ婚活→ユキコ道実践→挫折→溺愛理論実践→婚活卒業→現在でもユキコ道×溺愛理論を実践するバツイチアラフォー女性。 ユキコ道×溺愛理論を実践し、2021年に年収1000万超の男性と再婚。同年私の年収も在宅ワークのみで600万になる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。