ユキコ道

恋愛は「諦めたらそこで終了」ではなく始まりの予感?ユキコ道復活かもな

ユキコ道では、「仕事と恋愛は思考回路を変えるべき」「やり方が全然違う」と言われています。
たとえば、


・デート当日も翌日も一切連絡しない
・電話は2回に1回は無視する
・こちらから一切連絡しない

これ、仕事だったら絶対ありえない。
即レス当たり前、お礼当たり前、なにかがあればすぐに連絡!が鉄則ですよね。

長いあいだ仕事をバリバリやってきたわたしにとって、「え、そーなん」と衝撃でした。
でもその方が明らかに彼はテンションが高い。

★あれだけできなかったユキコ道ができている★

とはいっても、ユキコ道をやめる宣言してからの変化といえば、肩の力が抜けたくらい。

もともと恋愛偏差値40くらいだったので「いきなりユキコ道はハードだったのかもな」と漠然と思っていました。
ですがどうでしょうか…!
あれ?
ユキコ道!ユキコ道!ユキコ道!と考えまくっていた時にはできなかったことが、今はすんなりできている…
こんなことってあるのでしょうか。
仕事では数字を意識するのをやめた瞬間うまく回りはじめることは多々ありますが、まさか恋愛でもおこりえるのか。
これに関しては共通なのか…!

たとえば「電話を5分以内で切る」
これは、ユキコ道やめる宣言する前は一切できませんでした。
Rさんは電話を頻繁にかけてくるタイプですが、わたしから切ることができなかった。
なんか、どうやって自分から切っていいか本気で分からなかったんです。
恋愛偏差値低すぎですね。
でもなぜか最近できる。
なんで???

たとえば「オウム返し」
これもやめる宣言する前は、あんまりできていませんでしたね。
何だったらたまに自分から話題振ったりして。
でもなぜか最近できる。
なんで???

なんでかはよく分かりませんが、できる。
なぜか一番できなかったことができる。
理由は「肩の力が抜けたから」としか思えない。
不思議な心境。

まあでもわたしには2ヶ月でプロポーズがなかったら「はい次!」はできないし、結局ユキコ道は無理なんですけどね。
「どうしても無理ならすぐに別れる」のスタンスは変わりませんが。
ユキコ道をやめるかもしれない。頭を整理するために書きなぐる③

なんだかよく分からない状況ですが、このまま肩の力を抜いたまま様子をみようと思います。

ABOUT ME
ジェーン
2018年は低所得恋愛依存地雷女→マッチングアプリ婚活→ユキコ道実践→挫折→溺愛理論実践→婚活卒業→現在でもユキコ道×溺愛理論を実践するバツイチアラフォー女性。 ユキコ道×溺愛理論を実践し、2021年に年収1000万超の男性と再婚。同年私の年収も在宅ワークのみで600万になる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。