婚活3人目Rさん

Rさんと初めて映画デート!音楽と映画の趣味が合うっていいね

わたしとRさんは映画好き。
Rさんが好きな映画はわたしも好きなものが多く、わたしが好きな昔聴いていた音楽はRさんも聴いていたものが多い。

わたしは、洋服と音楽と映画の趣味はその人のいろいろなセンスを凝縮しているもの、と思っているので、すごく居心地がいいです。
ちなみにRさんの服のセンスも好き。

★Rさんとの初めての映画デートでのセンスに感動★

昔はどんな人がタイプ?と聞かれたら、センスがいい人、と答えていました。
でもこれはものすごく抽象的で、あまりいい答えではなかったなと今は思う。
センスなんて人によって違うし、わたしはセンスいいなと思っても、誰かがセンス悪いなと思っているもんですからね。

しかもセンス、という言葉自体も曖昧だと思う。
たとえば、ジャスティンビーバー。
服のセンスは壊滅的だと思うけど歌声はすごく好きだから、わたしは「ジャスティンビーバー好きです」と聞かれれば言うと思う。
これは人によっては、ダサいと思うだろうし、センスいいなと思ってくれる人もいる。

何が言いたいかというと、「自分がセンスがいいなと感じた人が好き」ということです。

映画の話題に戻しますと、わたしは「ザッツ・エンターテイメント!」という映画を映画館でみるのが好きです。
Rさんも同じ。
今回みたのは「ジュラシック・ワールド 炎の王国」!

スピルバーグの映画は難解なところがなくて分かりやすいし、存分に映像に集中できる。
ストーリーが複雑だと映像に集中できませんからね。
これだけ動画のネット配信が充実している時代に、わざわざ映画館でみる価値はそこ。
ぎゃー!とか、ひゃー!とか思ってみたい。
大画面で興奮しながら楽しみたい。
ジュラシックワールドは、確実にその欲望を満たしてくれました。

Rさんは途中ドキドキするシーンで、「怖いやつー」と小声でおびえながら手を握ってくる。
女子か笑(言ってません)
わたしが食べる用に買ってくれたポップコーンも、夢中でバクバク食べてるし。
それならラージサイズにすれば良かった!(言ってません)
それにしてもスピルバーグって天才。
あー面白かった!

その後遅めのランチ。
Rさんと「あの場面最高だった!」「あれはどう思った?」「ラストのところ~」とか、会話しながらジャンクでアメリカンな食事を二人でバクバク頬張る。
ジュラシックワールド後のお店のチョイスもセンスよかった。
普通の映画デートですが、超幸せな時間でした。

ABOUT ME
ジェーン
2018年は低所得恋愛依存地雷女→マッチングアプリ婚活→ユキコ道実践→挫折→溺愛理論実践→婚活卒業→現在でもユキコ道×溺愛理論を実践するバツイチアラフォー女性。 ユキコ道×溺愛理論を実践し、2021年に年収1000万超の男性と再婚。同年私の年収も在宅ワークのみで600万になる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。