婚活3人目Rさん

イベントを大事にするより、日々淡々と幸せを感じて過ごす方が充実する

 

無事に年末年始をRさんと過ごすことができました。
私たちは、年末年始も平常運転。
これが幸せへの第一歩だと思っています。

目の前でいちゃつくカップルを見て思うこと

元旦に電車に乗ったら、目の前にカップルが座ってきました。
ボックス席だったので、2人のやり取りはわたしから丸見えの状態。
わたしは本を読んでいたのですが、もうそのカップルが気になって本どころじゃない。
で、ツイートしたのがこちら。

最初は「付き合いたてなのかな?」とか思っていましたが、元旦デートでテンションが上がっているのか、

座りながら手を繋ぎ、握り返してはまた握る。
常にお互いの顔を覗き込んでは覗き返す。
その距離は10cmほど。
スマホを見ながら微笑んでは微笑み返す…

迷惑行為でもなんでもないから、別に構わないんですよ。
きっと元旦だし、2019年初デートだし、特別感あるんでしょう。
でもね、その感じって周りの人たちをちょっと気まずくさせますよね。
現にわたしは本読めなくなりましたし!笑

大事なのはイベントや記念日ではなく、毎日の何気ないこと

ただ単にツイッターで毒づいた訳ではなくて、そのカップルを見て思ったんです。

こういうカップルって、1年後はお互い無言でスマホ見ながら電車に乗るんじゃないのかな…と。
今のこの状態がずっと続くことはありえないし、わたし自身続いたことはない。

それよりは穏やかに普通に日々過ごして、たまに見つめあって笑っているカップルになりたい。
もしかしたらあの電車のカップルも、何年か後にそうなるのかもしれない。
でも今までの経験上、初期に公然といちゃつくカップルはそうなる確率は低いように思う。

大事なのは、クリスマスとかお正月とかバレンタインとかホワイトデーではなく。
毎日の何気ない日常に、幸せを感じて生きていく。
これこそが、イベントをさらに幸せに感じるコツだと思う。
元旦からいい勉強させてもらいました。

ABOUT ME
ジェーン
2018年は低所得恋愛依存地雷女→マッチングアプリ婚活→ユキコ道実践→挫折→溺愛理論実践→婚活卒業→現在でもユキコ道×溺愛理論を実践するバツイチアラフォー女性。 ユキコ道×溺愛理論を実践し、2021年に年収1000万超の男性と再婚。同年私の年収も在宅ワークのみで600万になる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。