恋愛

【体験談】結婚相談所がわたしには合わなかった最大の理由はこの2つ!

わたしは婚活アプリと結婚相談所、両方利用したことがあります。

どちらにもいい面とそうじゃない面がありますが、「結果的にどっちがいいの?」とよく聞かれるので、体験談も合わせてお答えしたいと思います。

★婚活アプリと結婚相談所。結局どっちがいいのか★

わたしは婚活アプリ一択です。
いろいろ理由はありますが、その中でも特にこの2つ。

・いちいち仲人さんを通さなくていい
・入会金、成婚料がいらない

これにつきます。

★結婚相談所では交際スタートするまで仲人さんを通じて連絡を取り合う★

わたしが利用したことのある結婚相談所は、どんな人がいいのかは全部ネットで見れますし、そこは婚活アプリとなんら変わりません。

ですがその後のマッチングから全て、そう、すべてが仲人さん経由で進んでいきます。
連絡を取り合うのは全て仲人さん。
やり取りはこんな感じです。

以下全てメール。
仲人「Aさんという方からお見合いのオファーがありました。いかがでしょうか?」
わたし「わかりました。お受けしたいと思います。」
仲人「ありがとうございます。では日時調整に入りますね。」
仲人「Aさんとのお見合いですが、10月20日か25日の18時から、○○ホテルのカフェでいかがでしょうか?わたくしも初回の顔合わせまでは同行しますのでご安心ください。」
わたし「調整ありがとうございます。25日でお願いします。」
仲人「では17時半にロビー横の・・・」

ここまで一切Aさんとの個人的なやり取りはなし。
LINEも電話番号もメールもだめ。

仲人「本日の○○さんはどうでしたか?お付き合いできそうでしょうか?Aさんは交際希望です。」
わたし「お付き合いしてみたいと思います。」
仲人「良かったですね!ではAさんにお伝えします。」
わたし「ありがとうございます。」
仲人「お伝えしました。それではAさんの連絡先を教えておきますね。」

と、こんな感じです。
お互い合意の交際スタートとなるまでは、永遠に仲人さんを通じた連絡のやり取りが続きます。
お互いの連絡先は絶対に個人的には教えてはいけません。

まじめか。
と突っ込みたくなるメールのやり取りですが、結婚相談所での婚活とは超真面目な結婚に向けての活動。
くだけた感じは一切いらないのです。
と、頭では分かっていますが、どうしてもカチカチのやり取りに違和感ありまくりでした。

★結婚相談所では入会金と成婚料が必要★

わたしが利用した結婚相談所は、入会金が必要でした。
5、6年前なので忘れてしまいましたが、確か15万円ほどだったと思います。

とても仲のいい友人がその結婚相談所で出会って結婚したので、なんとなく「いいのかなぁ」くらいの気楽な気持ちで入会。
ですが、最初に15万円、月額に5千円くらい?、仮に成婚したら何十万円(成婚しなかったので忘れました)、、、今思えばお金が結構かかりました。

しかも仲人さんも専業ではなかったので、わたしが連絡を取りたいときにつながらなかったり、わたしに対してはそこまで熱心でもなかったので、ふわふわと時間だけが過ぎ去っていく感覚。
そして引き落とされていく月額料金・・・。
せっかくお金を払っているのに、不完全燃焼!

★結婚相談所が合う人はこんなタイプなんじゃないかな★

お付き合いをするまでは、個人情報をいっさい知られたくない
・付き合ってみて合わないと思ったら、すぐに別れて次に行きたい
・LINEやチャットが苦手
・素性が確実に分かっている人としか付き合いたくない
・容姿や相性の順位は低く、経済力の順位が高い

このようなタイプの方には合っていると思います。
かなり合理的でリアリスティックで忙しい人にはいいんじゃないでしょうか。

お付き合いを断るのも仲人さんを通せばいいですし、
年収や資産、ご両親の仕事、聞きにくいことなどはすべて仲人さんを通じて教えてもらえますし、
デートの日時や場所を決めてくれない!とかで最初モヤモヤすることもない。

結局わたしは、結婚につながる婚活というものを、そこまで合理的には考えられなかったんです。
容姿と条件から入るのはしょうがないとしても、ここまで準お見合い的な感じには拒絶反応が出てしまう。

そして結婚相談所を利用して分かったことですが、わたしはお相手の経済力の優先順位はそんなに高くないことが発覚しました。
ちなみにこの結婚相談所を利用して結婚した友人は、経済力が第一優先。
そりゃ結婚できるし、今も幸せそうです。

人によって優先順位も違うし、幸せに感じるところは違う。
というわけで、わたしには本当に合いませんでした(笑)

ABOUT ME
ジェーン
2018年は低所得恋愛依存地雷女→マッチングアプリ婚活→ユキコ道実践→挫折→溺愛理論実践→婚活卒業→現在でもユキコ道×溺愛理論を実践するバツイチアラフォー女性。 ユキコ道×溺愛理論を実践し、2021年に年収1000万超の男性と再婚。同年私の年収も在宅ワークのみで600万になる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。