publicdomainq-0021034feq (1)

ユキコ道の一番の秘儀である「今までありがとうございました」を炸裂させてからというもの、わたしの吹っ切れ度合いといったらすごいです。
ええ。自分でもビックリ。


で。
その後から送られてくるLINEが、もうこれでもかってくらい惚れられていない。
ここまでくると、ザッツ、エンターテイメント!


★こんなにも惚れられていないんだ…と現実を知る★

Nさんに未練がないことはない。
じゃあ以前の状態に戻るのかと言われれば、絶対に嫌だ。
それくらいキツかった。


きっとNさんは、今はわたしが言えばまた付き合うのかもしれません。
わたしたち二人の距離感は、世間一般のカップルなら普通だったのかもしれない。
別に別れるほどじゃないのかもしれない。


ユキコ道のハウツーが頭に入っているので、それに当てはめて「これって溺愛じゃない!」となって苦しかったのだろうか。
いいえ、そうじゃない。
心のどこかで小さく感じる「ショック」が、複数個たまってきて苦しくなっただけ。


ユキコ道は、その小さく感じる「ショック」を、分かりやすい言葉で書いてくれているだけなんです。
「あ、迎えにこないんだ」
「あ、送ってくれないんだ」
「あ、スケジュール聞かないんだ」
「あ、電話かけてこないんだ」
「あ、そんなに連絡くれないんだ」
これらを見逃さずに、きちんと惚れられていない現実に気づきましょう!というもの。


このショックがたまってくると、「凪」なんてできるわけない。
最後の方のわたしがそうでした。


確かにせっかくできた彼氏がいなくなるのは寂しい。
しかも自分から振っている。
でもね。
ユキコ道関係なく、ずっと苦しかった。
今まで苦しいと思ってうまくいった恋愛なんて、一回もない。
お別れを告げてよかった。


そうしたら、こんなLINEが返ってきました。
ジェーン「今までありがとうございました。」
Nさん「そうか…何で?」
ジェーン「合わないと思うの」
Nさん「誰かに言われたからじゃないなら、しょうがないね…」


もう、どこまでわたし惚れられていないんだよ。


直訳①「ジェーンが自分で決めたことなら、あきらめます」
直訳②「誰かにそそのかされたんなら、あきらめきれない」


もちろん自分で決めましたよ。
確かに相談はしましたが、友人たちは「様子見たほうがいいかもしれない」っていう程度だったよ。
それを、もう見切ろうと決めたのは、まぎれもないわたしだよ。
ということは、あきらめるんだよね!?


もう文章に「しょうがないね」って言葉が入っている時点で、溺愛とはほど遠い。
もうこれ以上、わたしをえぐるのを止めてもらえませんか!?笑


お別れの言葉を送ったのはわたしですが、溺愛されなかったのはわたしですから。
正直、Nさんよりわたしの方が残念に思っていますから。
なんせ、この返信ですからね。


もう、本当のことをぶちまけて終わりにしようか。
もう終わっていますが。
でもそうすると、あえて「合わないと思う」って送っている意味がなくなりますよね。
しかも最後にぶちまけてどうするのか。
「そこは直すからもう一度…」と言われたら、やりなおせるのか。
気持ち的にはまだ好きだからやっぱりぐらつきますが、絶対戻れないですよね。
どう考えても。
「しょうがないね」と、あきらめる言葉をはっきり言ってくる人に、どうして戻ることができるのか。
そこまでプライドのないジェーンではありません!


さらりと本当のことを返信して終わりにするか。
スルーして終わりにするか。

この2択です。
だったらスルーかなぁ…


【関連記事】
マッチドットコムは好印象。今のところ真剣な方しかいません。