person-810005_960_720 (1)

まさかご本人からコメントをいただけるなんて!
でもここはネットの世界。
もしかしたらコピーかもしれない。
でも。
文体といいニックネームといい、読んでいたユキコ道そっくりそのままなので信じてしまう。
わたしはネット世界にうぶなだけなのか。


コメントいただけた記事はこちらです。
Rさんには言えない本音①ユキコ道的アクセサリーの意味。


★Dr.ユキコに「はい!次!」と言われてしまった★

まさかご本人から「はい!次!」と言われるとは思っていませんでした。(ご本人だと想定)


「今の恋愛にちょっとでも違和感を感じるようなら、バッサリ切ってはい次!」ですよね。
ユキコ道のブログを読みまくっているので、分かっています。
ただふんわり恋愛をしたい訳じゃない。
溺愛されて結婚をし、その後もずっと溺愛されることが目標。
そしてそのお相手かどうかを見極める最強のツールがユキコ道…。


分かっているんです。
目先の心地よさに浸っていることも。
気になる点を気にしないようにしていることも。
(気になる点は後日書きます)
完璧にユキコ道ができていないことも。
自分が弱いことも。
だからこそ、このブログが成り立っているんですけどね。


「好かれているレベルは高くても溺愛ではないかもしれない」と自分では思っていても、周りの恋愛事情を聞いていると「わたしはかなり好かれている方だな」と思ってしまって、居心地よく思ってしまう。
それって何の意味もないことも、分かっています。


きっと今Rさんにお別れの言葉を言おうとすれば、「え!?なんで!?」とみんなに言われるでしょう。
それくらい仲良しですし、嫌なところもない。
ただ、、、やっぱり溺愛レベルにまではいっていないと思う。


ユキコ道をアレンジしたくなってしまう。
こんな状態のわたしがアレンジしても、ろくなことにはならないのも分かっていますが。
Dr.ユキコからすれば、「なんて我の強い女性!」ということでしょうね。


でも今あの言葉を言えば後悔すると思う。
最後に完璧にユキコ道を実践してみてから、後悔しないと感じたら、あの言葉を伝えようと思います。