ユキコ道

恋愛だと何故できない?ユキコ道を通して知った自分の欠点

自分の欠点

今までユキコ道をしていて、難しいなぁと思うことはたくさんある。
でもそれは、仕事に置き換えるとほぼできている。
職場にいるできていない人を見ると、「プライドないの?」と思っている自分がいる。
もちろんわざわざ言わないけれど。

ということは、恋愛、仕事だけにかかわらず、すべてのことにおいてユキコ道を「一部」実践する価値があるのではないか。
一部、というのは、ユキコ道は恋愛以外には当てはまらないテクニックもあるから。

★感情のコントロールは人付き合いでもっとも重要だと思う★

恋愛だろうが仕事だろうが、友人だろうが家族だろうが。
感情を一定の状態で保つ(凪)ことと、ポジティブでいることは、人付き合いでもっとも重要なことなんじゃないだろうか。

特に恋人と家族。
自分に近い存在だとついつい感情むき出しになり、ある時にはネガティブさもむき出しになる。
近い人にはそれを出してもいいと勘違いしている。
はい、わたしはずっと勘違いしていました。
それどころか、近い人にはむき出しにした方が可愛げがある、とさえ思っていた。
それは子供だけですよね笑

これは本音を言わない、ということではありません。
ポジティブに本音を言うのと、ネガティブに本音を言うのとでは、まったく違う。
「外に出る用事が無い日に雨でラッキー」と、「せっかくの休みなのに雨うっとおしいな」とでは、周りの受け取り方が全然違う。

自分を押し殺して思ってもいないポジティブ発言をするのではなくて、いい面を見ればいい。
わたしは、仕事では当たり前にやっていました。
接客業で暇をもてあますような日には、「連休前だし、こういう日があって助かったね~」と言いつつ、事務作業や掃除をしたり。
こう言うと、ちょっとだけみんなの意識が変わるような気がする。
「あ、そっか。今のうちにあれやっておこう」とか。

そう。
ちょっとだけ、みんなの気持ちを軽くしてあげるのが目的でした。
能天気でいい面しか見えていない人がいると、ちょっと場が和むような気がするから。
本気で100%そう思っているフリをする。
それでもネガティブに言ってくる人がいても、「え?そお?あはは」ですませる。
絶対に同調しない。

そうすると、自分が安定してくる。
どんな時にでも、平常心でいれるようになる。
何を言われても、動じなくなってくる。
100%冷静な判断ができるようになる。
周りのみんなに安心感を与えることができる。
みんなに信頼される。

この流れは、ユキコ道そのもの。
能天気でいい面しか見えていないフリ(スーパーポジティブ)
愚痴・悪口には同調しない(スーパーポジティブ)
平常心でいれるようになる(凪)
100%冷静な判断ができるようになる(凪)

わたしがユキコ道で難しく感じるのは、「スーパーポジティブ」と「凪」
仕事だとできるのになぁ。
残りの「凛」と「フェザー」はできるのになぁ。
Nさんと二人きりになったら、なんでできないんだろうなぁ。
周りに人がいたらできるのになぁ。
でもこの2つができるようになれば、Nさんの気持ちをさらに軽くしてあげることができるんだろうなぁ…。

甘えた気持ちを消す。
依存心を消す。
今後の課題です。

ABOUT ME
ジェーン
2018年は低所得恋愛依存地雷女→マッチングアプリ婚活→ユキコ道実践→挫折→溺愛理論実践→婚活卒業→現在でもユキコ道×溺愛理論を実践するバツイチアラフォー女性。 ユキコ道×溺愛理論を実践し、2021年に年収1000万超の男性と再婚。同年私の年収も在宅ワークのみで600万になる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。