ダイエット

モスバーガーは身体にいいのか?マクドと比較してみた

モスバーガーって身体にいいイメージあります。
でもその代わり高い、っていうイメージ。

この前10年ぶり?くらいにモスバーガーに行きました。
朝マックならぬ朝モスというのをやっていて、いただいたのは「モーニング野菜チーズバーガー ドリンクセット 510円」

画像のセットですが、高いと思いますか?
わたしは「まあ妥当かな」という印象。

★モスの国産は生野菜のみ★

モス=国産=安心、というイメージがあったので調べてみると、国産にこだわっているのは生野菜のみでした。

バンズはアメリカやカナダ、ハンバーガーパティはオーストラリアやニュージーランド。
また、モスバーガーのミートソースに入っているオニオンは、国産、ニュージーランド、アメリカ、とある。

モスバーガー 主要原産地情報

モスの生野菜だけは全て国産であり、その他は国産に限ってはいませんでした。

★マクドは国産にこだわったものはない★

マクド=ジャンク=安価、というイメージがあったので調べてみると、まさにそんな感じでした笑
バンズはアメリカやカナダやオーストラリア、ハンバーガーパティはオーストラリアやニュージーランド、オニオンはアメリカ。
レタスに関しては、日本、台湾、アメリカ、とあるので、一応国産も使っているようです。

てりやきマックバーガー 原産国情報

★消費者目線のモスとマクドの違いってこういうことだと思う★

たしかにモスの生野菜は全て国産。
しかもハンバーガーの中にしっかり分厚いトマトが入っているものが多いし、フリフリのレタスが盛大に飛び出ていたりする。
そして常に出来立てを提供されるので、アッツアツの状態で食べれる。
見た目、出来立てアツアツ加減。
たしかに身体にいいように感じる。

マクドはというと、注文したらあっという間に作り置きのバーガーがシューっと滑らされて袋に入る。
開けると、見た目はシワシワで潰れている。
野菜はたまにレタスが入っているけど、シワシワで存在感なし。
たしかに身体に悪い気がする。

★中身はそんなにモスもマクドも変わらないと思う★

たしかにモスの生野菜は国産。
見た目もフレッシュだし、出来立てアツアツ。
どうこからどう見ても、シワシワのマクドに比べたら身体に良さそう。

ですが、モスのハンバーガーに入っている生野菜の量って微々たるものではないでしょうか。
1日の食事の中の野菜の量に換算すると、かなり少ない。
レタス1枚の半分くらいと、1センチ未満のスライストマトって、そんなに大した量じゃない。

毎日ハンバーガーを食べるなら分かりませんが、毎日なんて食べない。
ハンバーガー=ジャンク、という概念は消えないと思うので、通常は月に1、2回食べればいい方ではないでしょうか。

それでバンズやパティも全て国産なら、話は違う。
3食の中の1食が全て国産のものなら、全然話は変わってくる。
でもバンズもパティもマクドとほぼ同じ、アメリカやカナダやオーストラリアのものだった。

そう考えると、「身体にいいからモスにしよ」という選択肢はなくなる。
「作り方も丁寧だしアツアツのハンバーガーが食べたいからモスにしよ」という選択肢はありだと思う。

色々書いていますが、モーニング野菜チーズバーガーはめちゃくちゃ美味しかったですよ!
お店もマクドより落ち着いていているし、そういう意味でまた行くと思います。

ABOUT ME
ジェーン
2018年は低所得恋愛依存地雷女→マッチングアプリ婚活→ユキコ道実践→挫折→溺愛理論実践→婚活卒業→現在でもユキコ道×溺愛理論を実践するバツイチアラフォー女性。 ユキコ道×溺愛理論を実践し、2021年に年収1000万超の男性と再婚。同年私の年収も在宅ワークのみで600万になる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。