婚活1人目Yさん

Yさんと2回目のデートはドタキャン!誕生日だったけど…

昨日はYさんと誕生日デートのはずでした。
ですが、前日の夜の電話を切った直後には、デートのキャンセルのLINEを躊躇なく送っていました。

付き合ってもいないのに仕事の相談を何度もされる

わたしだって一度いやな思いをしたからって、約束をドタキャンするような女性ではありません。
それどころかわたしの誕生日デートで行くお店まで決まっていたので、よっぽどのことがない限りキャンセルなんてしたくなかった。

ですが…
「確定申告終わらなくてさー。困ってるよ。もう日がないし。家賃とかって、どうやって経費にするの?ここもよく分かんなくって。え?申請書の説明書?あーまだ開けてないや。どうしよう。やばいよねー。ぜんぜん分からない。でも赤字だからさー、税金とか払わなくていいよね…」

この話を延々40分以上されました。
わたしは前々から「お仕事のことは相談にはのれません」とはっきりお伝えしていて、それでYさんと険悪になったことが2度あります。

【1回目と2回目の記事】
ルールズ16を破った私が悪いのですが、便利屋扱いされたみたいでショックです。
マッチドットコムYさんに、半ギレメールを送った結果。

なので今回3度目。
もう無理でしょ。

「何度もお伝えしていますが、やっぱりお仕事の話をされることにかなり抵抗があります。
明日お会いする予定でしたが、明日は一人で過ごしてもいいでしょうか?
本当に申しわけありません。」

このLINEを送ったあと、すぐに電話がかかってきましたが取りませんでした。
そのあとLINEで「もう僕に対する気持ちがないならあきらめます」って。

そうじゃないやろ!
何度も仕事の話は嫌って言ってたやん!
謝ることもできんのか…もう本格的に無理や。

結婚ところかまだ付き合ってもないし、1回会っただけなのにがっつり仕事の話をしてくるYさんは、きっと余裕がないんでしょうね。

デート前にきっちりキャンセルしたので、未来のないわたしにご飯代を出さずにすんで良かったと思いますし、最後のわたしの優しさです。
わたしだって誕生日を迎える日に、乗り気じゃない人とおいしいご飯を食べてもむなしくなるだけですからね。
それだけは避けたかったので、一切後悔していません。

Yさんがルールズに当てはまっていなかった点

そもそもルールズで「こんな人はだめ!次!」と書かれているのに、「でもせっかくメールもやり取りしているし…」ともったいない精神でデートして…で、結局デートした方が時間のムダでした。

【Yさんがルールズに当てはまっていなかった点】

・すぐにデートに誘ってきたわけではなかった
→マッチドットコムのメールで50回くらいはやり取りしています

・記念日にロマンチックなプレゼントではない

→後日一緒に選びに行こうと言いつつ、具体的な話にはならなかった

・わたしが言ったことをあまり覚えていない
→自分のことばかりで、わたしが言ったことはあまり覚えていませんでした

当てはまっているところもあったんですが、決定的だったのは「記念日にロマンチックなプレゼントではない」ですかね。
結構ぐさっときました。
まだお付き合いしていませんが、「あ、違うかも」ってはっきり認識した瞬間でした。

今回のYさんとのことで、マッチドットコムでのわたしの対応もかなり変わってくると思います。
次に活かします!

マッチ・ドットコム

わたくしジェーンが登録している婚活サイト。
今まで真剣な方としかやり取りしたことがないので、おススメです。

ABOUT ME
ジェーン
2018年は低所得恋愛依存地雷女→マッチングアプリ婚活→ユキコ道実践→挫折→溺愛理論実践→婚活卒業→現在でもユキコ道×溺愛理論を実践するバツイチアラフォー女性。 ユキコ道×溺愛理論を実践し、2021年に年収1000万超の男性と再婚。同年私の年収も在宅ワークのみで600万になる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。