溺愛されるまで諦めないブログ

バツイチ(子なし)アラフォーのジェーンです。 ありのままの婚活と恋愛の様子をどうぞ。

2018年06月

Rさんとの2回目デートの結果報告③お見送りのそのときに。

1d9fdda147391c3ea8203f36a4819df1 (1)

あれれ?
付き合うことOKしたのにその感じ?笑
まあいいけど!

★あらたまって言われた意外なこと★

しばらくして落ち着いてきたのか、Rさんはゆっくりと話はじめました。
それはなんと、将来のこと。
具体的な内容はひかえますが、「仕事がこんな状況になったらついてきてくれる?」という内容でした。


付き合うことをOKしてすぐに話すのが、そんな遠い話なんだ、と意外でした。
そういえば前に、「もしこういう状況になったら、ジェーンなら支えてくれそう」って言われてたっけ。
恋愛はダメダメですが、仕事は大丈夫そうだからそう思ったのかな。
バリバリ仕事しているRさんでもそんな風に不安に思うんだなーと、そこも意外でした。
余裕でやっているように見えたから。
ちょっと弱みを見せてくれたようで嬉しかった。


「逆に楽しんじゃうかもね」と答えると、Rさんは笑っていました。
かわした風に思われたかもしれませんが、わたしは本心でした。
相手がRさんだろうが誰だろうが、将来のパートナーが何か環境が変わることが起こったら、わたしは喜んでついていくと思う。
そして大変そうなパートナーを尻目に楽しんじゃうと思う。
もともとそういう性格なんだと思う。


★2軒目を出ると、自宅前まで送ってくれました★

お店を出てしばらく歩き、「じゃあジェーンの家の前まで送っていくよ」と。
「さっそく家に来たいのかな…入れることは絶対ないけど」と思いつつ、さらに「自宅の場所くらいはRさんなら教えても大丈夫か」と、自宅のマンションの前まで送っていただきました。


「今日はありがとうございました」と伝えると、モジモジしだすRさん。
やっぱり…
「やっぱりもっと一緒にいたい」と。
ここにきてデートの延長!?
ああ、部屋に入りたいってことね!と理解して、
「部屋は無理なの」と。
「そうだよね。分かってる」と言われた直後、Rさんの両手がわたしのほほに!


これは!!!
キスされる???
道端だから路チュー???


ビックリして身を後ろに引いてしまったそのとき、ガバっとハグされました。
ハグ!?!?
続く。

Rさんとの2回目デートの結果報告②2軒目でついに…

wallpaper0810037 (1)

1軒目ではたわいもない話をたくさんして、たくさん笑って、お腹いっぱい食べて終了しました。
どんなときでもリードしてくれるRさん、いつも一緒にいて心地いいです。

★当然のように2軒目に誘われた★

30代までは、2軒目とか行かなかった。
2軒目に当然のように行くようになったのは、つい最近です。
大人の世界では当然なのかもしれませんね。
当然のように「次いこう」と誘われたので、「デートの延長だな」と思いOKしました。


お店に入ってしばらくすると、質問攻撃に。
R「ジェーンは人をどう好きになっていくの?」
ジ「スロースターターだから、時間がかかるの」
R「毎回?」
ジ「うん」
R「少しでも可能性があるなら嬉しいんだけど…な?」
ジ「そうじゃなかったら一緒にいない」


ずっとモジモジしながら、明らかに緊張しているRさん。
年上ですが、本当にかわいく思えました。
告白されるまでは結構強気な発言ばかりされていたので、意外すぎる。


R「この前ジェーンに気持ちを伝えて終わったけど…」
ジ「うん」
R「ジェーンにも同じ気持ちになってほしい」
ジ「さっき話したとおりだから、何て言っていいか分からない」
R「じゃあ、好きになる努力はできる?そうじゃないと…」
ジ「たぶん」


モジモジしすぎ笑
あまりの緊張?で、Rさんはお手洗いに行っちゃいました。
多分今日は告白もされないし、わたしはまだそこまで好きになられていないのかもな、と。


いつもならすぐに戻ってくるのに遅かったので、わたしは目の前にある料理をパクパク。
少しだけ余っている料理を、きれいに平らげていました。
そしてRさんが戻ってきて、席に座ってすぐ、
「付き合おっか」
と。


へ…!?
わたしの口はもぐもぐ。
多分5秒くらいは無言だったと思う。
ものすごく不安そうに見つめてくるRさん。
ずぶぬれの子犬のようでした。
でも口の中に入っているので話せない。


その間Rさんは何か必死に話していましたが、何をしゃべっていたか思い出せません。
ようやく口の中の物がなくなり、
「はい」
と。


Rさんは一瞬固まりましたが、その後はいつもどおり普通の会話に戻りました。
あれ?もっと喜んでいいよ?笑
続く。

Rさんと2回目デートの結果報告①待ち合わせ場所

images (1)

Rさんとの2回目のデート当日。
前回告白されているのでちょっとした緊張感はあるものの、Nさんのときのように何も手につかなくなるような緊張はなし。
どちらかといえばリラックス状態でした。


★今回の待ち合わせ場所★

Rさんとはお友達なので、いつも「じゃあ此の辺で待ち合わせね!」と繁華街を指定されていました。
わたしも何の違和感もなく受け入れていたのですが。


「ジェーンの近所までいく」と今回は言われました。
ちょっとビックリしたのですが、Rさんがそうしたいのならと受け入れることに。
ちなみにわたしの近所は、あまりいい感じのお店がないエリア。
でもちょっと嬉しかった。
ああ、気を使ってくれているんだなーと感じました。


しかも、一応時間も決めてはいたのですが、超早めにRさんから到着したと連絡が!
「早すぎ!準備できてない!」とあわてて準備しましたが、結局決めていた時間くらいになりました。
まあこれはいいよね。
だって遅れてないし!
でもこれもちょっと嬉しかった。
早めに来ちゃうとか、素直にかわいいなぁと思いました。


★Rさんに告白されてから2人で会うのは初めて★

待ち合わせ場所に着くと、Rさんは少し照れくさそう。
本当にかわいい。
癒される。
これだけで心が結構満たされる笑


今回の食事デートは、以前にわたしが食べたいと言っていたものを食べることになりました。
覚えてくれていること自体が嬉しかった。
ちゃんとわたしのことを思ってくれているのが伝わってきました。


お店に入ってからも、すべてRさんがリードしてくれる。
オーダーも、取り分けも、追加の注文も、すべてRさんがしてくれていました。
わたしは「幸せ!おいしい!」とパクパク食べる。
Rさんと笑いながら会話する。
オウム返しは意識する。


幸せの沸点が低いのかもしれませんが、大好きなものを食べながら、楽しい会話をするって本当に幸せですね!
言葉にはしていませんが、これ以上ないくらい幸せでした笑
続く。

Rさんと2回目のデート決定!本気でユキコ道をやってみようじゃないか。

adtDSC_6534 (1)

この前Rさんと食事(デート)したばっかりですが、すぐに次の食事(デート)に誘われました。
お友達なので、なんとなくデートとは思いづらい。


この前までお付き合いしていたNさんのときは、「いつ誘ってくれるのかな」とずっと思っていて苦しかったのですが、Rさんはしんどさゼロ。
「あ、誘われた」という感じ。
これだけでも、本当に気持ちが楽です。

★Nさんのときとは明らかに違う★

一言で言うと「楽」です。
本気で尊敬できるけど楽。
それは、わたしの周りにはそういう人しかいないからです。


Nさんの前に付き合っていた人に、男性の友人の連絡先をすべて消され、外出するのも制限されていたため男性の友人とは疎遠になっていました。
「はー!?」と思いながらも、しぶしぶ受け入れたわたしも悪いのですが。


最近新たに知り合った男性は素直に「すごい!」と思える人で、その人の周りにはやっぱりすごい人たちが集まってくる。
その友人たちの輪の中にいることが、居心地がいい。


Nさんとは婚活サイトで知り合っていたので、当たり前ですがそういうのはなく。
わたしの周りにはいないタイプで、ただただ最初は緊張していました。
さらにユキコ道も意識していたので、頭でいろいろ考えていましたし。
でも悪いことばかりじゃなくて、そういう緊張状態や知識は、今生かしています。


いつでも姿勢をよくする
周りがどうあれ、いつでもきちんとした格好をする
白い服を着る
オウム返しを意識する
お礼は何度でも言う
内面をほめる


これだけでも以前のわたしとは随分違います。


★Rさんの言葉で、わたしがユキコ道を本気でやってやろうと思った★

この前Rさんとお話していたときに、
「俺のことが好きなのかそうじゃないのか、どうなんだろう?って思わせてくれる人がいい」
と言ってきました。


それを聞いて、
「うそつけ!じゃあ本気でユキコ道やってやる」
と、心の中で思いました笑
まあ、実際やってますけどね。
「追いかけたくなる」なら分かりますが、男性がユキコ道をしてくる女性が理想だと頭で理解している人は少ないと思うから。
実際には「ふうん」とだけ言いました。


次のデートはまた報告しますね。

Rさんと1回目デートの結果報告③わたしの気持ち

gatag-00003451 (1)

1軒目も2軒目もRさんはご馳走してくれました。
毎回です。
本当に気持ちいいくらい自分も食べて飲んで、わたしにも食べ物をすすめて、気持ちいいほどさらりとお会計もしてくれます。

★Rさんとの初めてのデート終了★

何度か2人で食事には行っているので、初めてのデートと言っていいのか分かりませんが、いつ行ったのか覚えていないので今回を初めてとします。
デートの最後は、「これ以上一緒にいると…」と言われたので、「じゃあここで!」と言って帰ってきました笑


男性は下心があって当然。
そりゃそうですよね。


最初のデートで告白された訳ですが、もうユキコ道といいますか、Rさんには自然体でいっちゃおうかなと考えています。
それでもしっかりユキコ道を意識しなきゃいけないところは、「白い服」くらいでしょうか。
あとは意識しなくても、できているような気がします。
「ポジティブ」「凛」「凪」「フェザー」問題なし。
Nさんのときに意識しまくったお陰かもしれませんが、Rさんにはめちゃくちゃ自然にできます。


でも油断大敵ですが。
慣れてきたころが一番危ないですからね。
ネガティブにならないように、重たい女性にならないように、していきます。


★Rさんに対するわたしの気持ち★

Rさんはわたしに告白してきた。
ということは、いつかは自分の気持ちを聞かれるときが来る。
もう少し時間がたたないと分かりませんが、今のわたしの気持ちはこうです。


・暖かい人で優しい
・尊敬できる
・一緒にいて楽しい
・洋服のセンスがある
・見た目はタイプじゃない
・体型もタイプじゃない
・好きになれそうな気はする


です。
まだまだ気持ちは盛り上がっていませんが、告白されたことで男性として意識するのは間違いない。
見た目はタイプじゃないけど、生理的に絶対無理!という感じじゃない。
実際一緒にいて楽しいし、自然だし、変に力も入らない。
駄目なことは駄目だと言ってくれるし、いいと思ったことは褒めてくれる。
会話も合う。
男性らしさも感じる。


もう少し時間がたってRさんから気持ちを聞かれたら、その時に感じていることを素直に言ってみようと思います。

スポンサー
ブログランキング
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文