images (1)

何度もブログで書いていますが、わたしが悩んでいる恋愛のすべてのことは、仕事に置き換えたらすぐに答えが出る。
本当に単純で、1秒で解決。
恋愛と仕事は同じなんだ。


★気に入らないならさっさと辞める★

賛否両論あると思いますが、わたしの仕事に対する考え方はブレません。
以下の文章は、仕事を恋愛に置き換えて読んでみてください。


会社が嫌なら辞める。
辞めるため、転職するための準備をする。
同僚がどうしても嫌なら、自分が離れるしかない。
異動するか辞めるか、自分を高めて違う場所にいくしかない。
もし辞めろと言われたら、「今までありがとうございました」と即答。
即答できるだけの仕事はしてきた。
必要ないと言われた会社のことを考える時間が無駄。
必要な書類を揃え、できればその日に去る。
違う場所で働ける自信は120%ある。
1秒だって、そんな場所にはいたくない。
プライドを傷つけられてまでいる気はない。


ですが、努力は必要。
最大限努力をし、「あ、違うな」と感じたら即行動に移す、というだけ。
嫌だ、嫌だ、と思いながら働くなんて、時間の無駄としか思えない。
自分がそこから抜け出したほうがよっぽど早い。
周りに期待なんて一切しない。
というか、もともと期待はしていない。


会社を選んだのは自分。
強制的に入社させられたのではない。
すべて選んだ自分の責任。
誰のせいでもない。


また、相性もある。
今までの経験で、最初に違和感があるなら早めに切り上げたほうがいい。
一番新人に甘い時期に違和感を感じるのなら、見切るのは早いほうがいい、というのがわたしの考え方です。


合わないと分かっていても、今の職場にい続けるのか。
そこそこ居心地がいい職場で、惰性で働き続けるのか。
100%大事にされる職場を探し続けるのか。



わたしは100%大事にされて、自分も努力し続けられる環境がいい。
欲張りなんでしょう。
その代わり、永遠にそんな職場は見つからないリスクを負っている。
それは欲張り、と一言では言えないと思う。


ハイリスクでハイリターン。
リスクを負うのはわたしも嫌ですが、なぜか自分はやり遂げられると、自信たっぷりに思っています。
根拠のない自信、とはこのことなのかもしれません。


書けば書くほど仕事と恋愛は似ています。
すがらない。
甘えない。
努力を怠らない。
文句言うなら離れる。
プライドを守る。
見切るのも早く。
絶対に次の就職先はある。


結局は、「いつ失っても構わないという覚悟」があるかどうか。
そして、「上を目指して努力し続けられる」かどうか。

逆説的でもありますが、これがあると会社からずっと必要とされる。


まさに恋愛に置き換えると、そっくりそのままユキコ道です。
恋愛でもその域に達するまで、がんばろ。