adtDSC_6534 (1)

この前Rさんと食事(デート)したばっかりですが、すぐに次の食事(デート)に誘われました。
お友達なので、なんとなくデートとは思いづらい。


この前までお付き合いしていたNさんのときは、「いつ誘ってくれるのかな」とずっと思っていて苦しかったのですが、Rさんはしんどさゼロ。
「あ、誘われた」という感じ。
これだけでも、本当に気持ちが楽です。

★Nさんのときとは明らかに違う★

一言で言うと「楽」です。
本気で尊敬できるけど楽。
それは、わたしの周りにはそういう人しかいないからです。


Nさんの前に付き合っていた人に、男性の友人の連絡先をすべて消され、外出するのも制限されていたため男性の友人とは疎遠になっていました。
「はー!?」と思いながらも、しぶしぶ受け入れたわたしも悪いのですが。


最近新たに知り合った男性は素直に「すごい!」と思える人で、その人の周りにはやっぱりすごい人たちが集まってくる。
その友人たちの輪の中にいることが、居心地がいい。


Nさんとは婚活サイトで知り合っていたので、当たり前ですがそういうのはなく。
わたしの周りにはいないタイプで、ただただ最初は緊張していました。
さらにユキコ道も意識していたので、頭でいろいろ考えていましたし。
でも悪いことばかりじゃなくて、そういう緊張状態や知識は、今生かしています。


いつでも姿勢をよくする
周りがどうあれ、いつでもきちんとした格好をする
白い服を着る
オウム返しを意識する
お礼は何度でも言う
内面をほめる


これだけでも以前のわたしとは随分違います。


★Rさんの言葉で、わたしがユキコ道を本気でやってやろうと思った★

この前Rさんとお話していたときに、
「俺のことが好きなのかそうじゃないのか、どうなんだろう?って思わせてくれる人がいい」
と言ってきました。


それを聞いて、
「うそつけ!じゃあ本気でユキコ道やってやる」
と、心の中で思いました笑
まあ、実際やってますけどね。
「追いかけたくなる」なら分かりますが、男性がユキコ道をしてくる女性が理想だと頭で理解している人は少ないと思うから。
実際には「ふうん」とだけ言いました。


次のデートはまた報告しますね。