images (2) (1)

Nさんと初めてお会いしてから2ヶ月以上が経ちました。


出会った頃は、今の状況になっていることなんて想像もできなかった。
ユキコ道も知らなかったし、まさか婚活始めたばっかりでお付き合いするとも思ってなかったし、プロポーズされるとも思ってなかった。


たった2ヶ月で状況はこんなに変わる。
じゃあ、今年のクリスマスはどうなっているんだろう。


★今年のクリスマスまで後7ヶ月★

カレンダーで確認したら、今年のクリスマスイヴは振替休日で月曜日でした。
22日が土曜日、23日が天皇誕生日で日曜日、その振替で24日が月曜日だけど休日。
世の中は3連休で、最終日がクリスマスイヴということになります。


わたしは接客業をしているので、確実にその3日間は仕事です。
で、きっと25日はお休みになるでしょう。
いつもなら。


「今年もイブは仕事~みんなでケーキとチキン食べよ!」
と言っていた。
彼がいても平日ならどうせ会うのは夜だし、土日祝日ならわたしが仕事で夜にしか会えない。
どっちみち夜にしか会えないので、絶対に仕事を入れていました。


でも今年はどうか。
もしかしたら本当にNさんと結婚しているかもしれない。
そうなると、わたしがNさんのお休みに合わせることになる。
となると、きっとイヴは休んでいる。


もしそうだとしたら、どう過ごすんだろうか。
社会人になって、クリスマスイヴを昼間から過ごしたことがない。
きっと街中がクリスマスムードなんだろう。
カップルで溢れかえっているんだろう。
考えただけでもどうしていいか分からない。


わたしが一年で一番好きな日はクリスマスイヴです。
ええ。こんなロマンチストなわたしを笑ってやってください。
あの24日の、究極にロマンチックな雰囲気が大好きなんです。


★わたしの理想のクリスマスイブはこんな感じ★

気が早すぎますが、わたしの今年の理想のクリスマスイヴを書いておこうと思います。
こうやってブログに書いていると、全部本当になっていきますからね!
(注)相当ロマンチックに仕上がっているので、心して読んでください


【Nさんと結婚して一緒に暮らしているのが前提】
わたしは23日は家で遅くまで仕事をしている
Nさんは先に寝ている
24日の朝、Nさんが先に起きる
コーヒーを入れる音が聞こえてくる
わたしはまだ4時間くらいしか寝ていないので、相当眠い
しばらくしてNさんがコーヒーを持って近づいてくる
コーヒーのいい香りがする
わたしの隣に座って頭をなでてくる
それに気づいているけど眠すぎて目を開けれない
そっとキスされる
しばらくベッドでたわむれる
またわたしは少しだけ眠る
起きるとNさんはブランチを作ってくれている
サラダ、目玉焼き、など軽いもの
一緒にあーだこーだ言いながら、笑いながらゆっくり食事する
ここで11時くらい


無駄にバスタブにお湯をはり、ゆっくりお風呂に入る
いい香りの入浴剤を入れる
Nさんがドアの外からちょっかいを出してくるが、中に入れない
お風呂から出て、別室でゆっくりメイク
お出かけ用の服を着てリビングへ
Nさんはソファでテレビを見ながら少し眠っている
ここで13時くらい


ビックリしたNさんが身支度を始める
待っている間に少しだけ仕事をする
カジュアルだけど品のいい服を着てNさんが近づいてくる
パソコンをパタンと閉じられる
ここで14時くらい


車で近くのスーパーに行く
夜食べたいものを作る食材を、時間をかけて一緒に選ぶ
お肉、お魚、野菜、お酒
テーブルに飾る小さなお花も買う
家に戻る
ここで15時くらい


白ワインを飲みながら一緒に料理開始
あえてゆっくり時間をかけて料理する
たまにじゃれあう
サラダ、煮込み料理、お魚をオーブンで、ローストビーフは盛り付けるだけ
そんなに食べれないので、量は少なめ
ここで17時くらい


煮込み料理ができる間、休憩がてらテレビをつける
結局テレビをみずにソファで話している
部屋が暗くなってくるので、軽く照明をつける
ここで18時くらい


料理を盛り付けてディナー開始
ゆっくり時間をかけて食事する
ワインも飲む
2人ともほどほどに酔っ払い、爆笑しながら会話する
食事が終わると、じゃれあいながら食器を洗う
ここで20時くらい


片付けが終わり、Nさんに誘われベッドへ
ここで21時くらい


Nさんが先にシャワーをあびる
わたしが次にシャワーをあびて出てくると、Nさんはウトウト眠っている
コーヒーを入れる
少しだけパソコンを開く
Nさんが起きてくる
パソコンを閉じられる
一緒に寝室へいき、そのまま眠る
ここで23時くらい



どうでしょうか。
どれだけわたしがロマンチストか分かって頂けたでしょうか。



あえて24日にゆっくり家で過ごす。
究極にロマンチックな過ごし方だと思います。
この妄想が現実になるといいなぁ。