溺愛されるまで諦めないブログ

バツイチ(子なし)アラフォーのジェーンです。 ありのままの婚活と恋愛の様子をどうぞ。

2018年07月

Rさんには言えない本音①ユキコ道的アクセサリーの意味。

images (1)

正直、ユキコ道を知らなければなんとも思ってないことだと思う。
でも知っている以上気になってしょうがない。


それは、「あなたのことを溺愛している彼は、必ず身に着けるもの(アクセサリー)をプレゼントしてくるはず」というもの。


★Rさんからアクセサリーをプレゼントされたことがない★

確かに思い返すと、今までお付き合いした人の中で溺愛度が高かった方は、アクセサリーをプレゼントしてくれていました。
記念日が多かったですが、1ヶ月記念(若かった)など、なんやかんや理由をつけてプレゼントしてくれた方もいた。
今思えば溺愛度高いですね。


ですが…。
現在お付き合い中のRさんからは、アクセサリーどころか他に何かプレゼントされたことさえありません。
お互いの誕生日も遠く、季節イベント(バレンタインやクリスマス)も外れているため、そんなもんなのかもしれませんが…。


決してわたしは、プレゼントが欲しいと言っている訳じゃないんです。
本当に。



ユキコ道を読んでいると、
「溺愛彼氏はこれでもかとアクセサリーをプレゼントしてくる」
「特別な日じゃなくてもプレゼントしてくる」
「とにかく身につけるものをプレゼントしたがる」
「プレゼントされた物は、服に似合ってなかろうが全力で身につけるべし!」
とか書かれているんです。
だから気になる。
Rさんはもしかしたら溺愛ではないのではないか、と疑ってしまう。


もちろんユキコ道の教え通り、Rさんとデートのときはノーアクセサリーです。
溺愛彼氏は、「アクセサリーつけてない!プレゼントしよう!」と思うらしいから。
でもプレゼントされないので、わたしはずーっとノーアクセサリー…


もうNさんの時の、「(口だけでしたが)プロポーズしておきながら全く溺愛でもなんでもなかった」というトラウマが効いているんだと思います。
鈍いわたしは信じていた。
だからあんなにあっさり別れることになるなんて、信じられなかった。
Nさんからも、アクセサリーのプレゼントはなかった。
しかも、誕生日は過ぎていましたが誕生月に出会っていたのに。


Nさんには、出張のお土産(食べ物)はたくさんいただいた。
お食事はすべてご馳走してくれていた。
ちょっとしたお花をいただいたこともあった。
でもアクセサリーはなかった。


Rさんも全てお食事はご馳走してくれます。
今のところお出かけはしていないので、お土産はなし。
その他のプレゼントもなし。
ましてやアクセサリーなんてなし。


当然なのは分かっています。
特別な日でも何でもない。
どこかに行った訳でもない。
でもユキコ道を読んでいるので、どうしても少し疑ってしまう。
溺愛…?と。


頭では同じように疑っていますが、心ではNさんとRさんとでは明らかな違いがある。
・頻繁なLINE
・頻繁に電話がかかってくる
・家の前まで会いに来る
・デートは事前にしっかり予約してくる
・すべてご馳走してくれる
・送り迎えしてくれる
・親しい友人に紹介される
・彼の方からベタベタしてくる
こんな感じなので、恋愛偏差値の低いわたしの心は充分満たされてしまうのですが、ユキコ道はもっともっと強気なのです。


ユキコ道は、溺愛させるメソッドというだけではなく、溺愛されているかどうかを見分けるメソッドでもある。
Rさんはわたしをもちろん好きだと思う。
でも溺愛レベルではないのではないか…!?


でもそれを見分けるのは、ユキコ道をしっかり厳守してるからこそできること。
今のわたしは中途半端すぎて、見分けることさえできないですね。
とほほ。
溺愛かどうかを心配するより、自分がユキコ道をしっかりすることの方が先決ですね!

ユキコ道との共通点を探る!モテる女性を冷静に分析してみた。

507636304-612x612 (1)

ここで勘違いしてはいけないのは、「モテる」のと「溺愛される(ユキコ道で望むもの)」のとは似て非なるもの、ということ。
でも「モテない」よりは「モテる」方がいいと思う。


今回は、わたしの周りにいるモテ女子を冷静に分析してみようと思います。


★モテる女性の特徴を箇条書きにしてみよう★

・化粧っ気がある
・やたらと健康
・フットワークが軽い(誘われたらいく)
・自分はモテると思っている
・服装はどちらかというと派手
・男性を振り回すタイプ
・感情の起伏が激しい
・自分の欲望に忠実
・声が大きい
・友人、知人が多い
・仕事ができる

★モテない女性の特徴を箇条書きにしてみよう★

・化粧っ気があまりない
・決まった人としか会わない
・フットワーク重め
・自分はモテるわけないと思い込んでいる
・服装はどちらかというと地味
・男性にも女性にも気を使うタイプ
・声が小さめ


★わたしの周りにいるモテる女性はこんな感じ★

箇条書きに書いたとおりなのですが、モテ女Aちゃんは本当に明るいです。
一緒にいて本当に楽しい。
嫌な事がおきて愚痴っている時でさえ、「もーこんなことあって!信じられる!?わたしここで我慢したの偉いと思ってる!!!」と、笑いながら話す。
深刻な話もないことはないですが、それはふとした時に言ってくる程度。


そしてAちゃんはメイク上手。
Aちゃんに限らず、モテる女性ってたいがいメイク上手か、上手くないけど派手かどちらか。
Aちゃんはメイク上手でしかも派手です笑
それだけで自信に満ち溢れているように見えるから不思議。


そして、自分が欲しいものは必ず手に入れます。
彼氏が欲しいと思えば手に入れる。
どんな手を使ってでも手に入れる。
気合が違います。
しかも常に貪欲で、無くなったらすぐにでも欲しい。
うじうじしている暇があるなら、さっさと新しいものを見つけにいく。
仕事においても、恋愛においてもブレません。
まるで飢えたハンターのよう。


行動力が違うんでしょうね。
あと切り替えの早さ。
そしてどこまでも強気。
この3つが備わると、最強のようです笑


★モテる女性と溺愛される女性(ユキコ道)に共通点はあるのか★

さっきのモテる女性の特徴の箇条書きの中から、ユキコ道に共通するものと共通しないものに分けてみました。


【共通する】
・化粧っ気がある
・やたらと健康
・フットワークが軽い(誘われたらいく)
・自分はモテると思っている
・声が大きい
・友人、知人が多い
・仕事ができる



【共通しない】
・服装はどちらかというと派手
→ユキコ道では清楚系の白

・男性を振り回すタイプ
→彼に要求・要望するのは禁止

・感情の起伏が激しい
→ユキコ道では凪(感情を一定)を保つ

・自分の欲望に忠実
→ユキコ道では、自分ではなく彼の欲望に忠実に



それでも共通するところが半分以上ありました。
少ないとも思いましたが、モテない女性の特徴の箇条書きとの共通点はゼロ!
ゼロですゼロ!!!


ということは、共通しているところだけでも真似すれば、ユキコ道からも外れずにモテるということになりますね。
一応わたしは、共通している項目の中で「友人、知人が多い」以外は当てはまっていました!
ということは、今後は人脈を広げるためにとにかく外に出ることを意識していきます。
というか、最近は偶然意識していましたが、もっと頑張ってみようと思います。

剛力彩芽さんの騒動を、ユキコ道的に考えてみようじゃないか。

sports_ouen_soccer (1)

ZOZOの前澤さんと交際宣言をしている剛力さんが、色々言われていますよね。
原因は剛力さんが「浮かれすぎ」だから。


ほっといたれよ、と思うのですが、芸能人という職業はそうもいかないようです。
今回は、剛力さんの騒動について私見を書いていきたいと思います。


★剛力彩芽さんの行動は、ユキコ道に当てはめるとどうなのか★

たたかれることになった発端はこうです。
ロシアでサッカー観戦をしたことをインスタに載せ、またZOZOの前澤さんも同じ場所でインスタにアップしたことから、「プライベートジェットでロシアに行き、高額なチケットを購入してVIP席で観戦したんじゃないか」と。


それを見た大御所芸人さんから、
・ファンが傷つく
・ファンを大事にするべき
・浮かれすぎ
・写真をネットにあげるのもどうか

などと言われたそうな。


でもインスタには、「サッカーの観戦に行ってきた」という画像とコメントくらいしか書いていない。それでも、
「大好きな彼に連れて行ってもらったの!」
「もー超興奮しちゃって!」
「ワールドカップ決勝の観戦デートだよ!」
「嬉しい!楽しい!彼が大好き!」

というのがヒシヒシと伝わる画像だと思われた、ということなんでしょう。


でも、普通の女性として、
・彼にプライベートジェットでロシアに連れて行ってもらう
・高額だと思われるワールドカップ決勝のVIP席を用意され観戦デートする
これをされたら、絶対嬉しい。
もう、めちゃくちゃ友達に自慢したくなるくらいの経験だと思います。(絶対しませんが)



これ、ほかの人にこれだけ浮かれていると伝わっちゃうくらいだから、前澤さん本人にも確実に伝わっちゃっていますよね。



ユキコ道では、彼に自分の気持ちを伝える必要なし、というのがあります。
彼に「俺のこと好き?」と聞かれてもはぐらかす。
自分から、「好き・愛してる・寂しい・会いたい」を言わない。
剛力さん、画像で伝わっちゃうくらいだから、もしかしたら言いまくっているのかもしれません。
だとしたら、ユキコ道的には完璧にアウト。


多分ユキコ道的な正解は、彼がこのようなプレゼントをしてくれたとしても、「とても楽しかったわ。どうもありがとう」とお礼を言い、さらりと家に帰る、とかでしょうか。
かっこいい!とは思いますが、できそうにはないですが!笑


また、ユキコ道のブログの中で、高額なプレゼントにはそんなに反応しない方がいい、というのもあります。
「ありがとう。嬉しいわ」くらいにとどめる。
逆にちょっとしたプレゼントには、「まあ!嬉しい!これ欲しかったの!」と喜んでみせる。
たしかにこれもかっこいい。


もしかしたら剛力さん、画像がなければそんなに叩かれることはなかったのかもしれない。
あのタオルを広げたあの表情が、ラヴ全開ーーーーーーー!!!って感じでしたもんね。


ということは。
ユキコ道的にはアウトなので、前澤さんのハンター本能はもうくすぐられません。
すでに手に入った女性には男性の興味は薄れていく…というユキコ道の教え通りなら、そのままいけば破局しちゃうということになります。


うーん。
剛力さんも前澤さんも嫌いじゃない(そもそもそんなに知らない)んですけどね。
もし結婚報道(もしくは破局)があれば、また勝手にブログに書きたいと思います。

ユキコ道を完璧にできないのに偉そうに語るな、というコメントに対して。

question_head_girl (1)
基本的にコメントには反応しないことにしているのですが、このブログの趣旨をはっきりさせておくために今回は返信します。


先日のコメント↓
「大変申し訳ないのですか、ユキコ道を完璧にやれていない人が偉そうにユキコ道について語る事に違和感を感じて仕方がないのですが、その辺りはいかがお考えでしょうか。」
こちらに返信いたします。


★わたしはDr.ユキコでもなければ、ユキコ道の伝道者でもありません★

そもそも今回のコメントは、この記事に対してのものです。
夏本番!ユキコ道の本質「恋愛も媚びずに強気でいく」のすすめ


内容は読んでいただければと思いますが、わたしはこの記事の最後に、
ユキコ道は、合う人合わない人、やりたい人やりたくない人、ぱっくり別れることは分かっています。
でももし自分に自信が持てなかったり、何かを変えたいと思うならやってみてもいいと思う。
もしかしたら、自分にしっくりくるかもしれません。」
と書いています。


ユキコ道をゴリ推しするつもりは全くありませんし、ましてやわたしがユキコ道が完璧にできているなんて、微塵も思っていません。


それどころか、
ここが核心ですが、
ユキコ道ができないからこのブログを書いています。



Dr.ユキコが提唱するユキコ道を読みたいなら、わたしのブログではなくこちらをどうぞ。
ホンモノの恋愛の話をしよう★ ~ユキコ道 vol 2~



わたしのブログを読んでもユキコ道を理解できないですし、そもそも結果も出ていませんし、ユキコ道を違うように捉えてミスしている時もありましたし。
わたしの主観的な意見のみのブログですので、全く参考にはならないと思います。


ただ、ユキコ道を知ってそれを信じて実践しようとしている女性がいる、ということをブログで発信することによって、
もしかしたらユキコ道という恋愛メソッドを知る人が増えるかもしれないし、
もしかしたら幸せになる女性が増えるかもしれないし、

という思いはあります。


また、恋愛であれやこれやと悩んで、ユキコ道を知りながらもそれを守れず失敗し続けている女性がいる、ということをブログで発信することによって、
もしかしたら誰かのエンターテイメントになるかもしれないし、
もしかしたら勇気を与えれているかもしれないし、

という思いもあります。


さらに、完璧にできていないと語ってはいけない、という考え方にも違和感。
わたしのブログの趣旨ではありませんが、もしこのブログがユキコ道を伝承することが目的だったとして、完璧にできていないと語ってはいけないものでしょうか。


極端だとは思いますが、どんなことでも完璧にできている人なんているのでしょうか。
それを望むなら、先ほども書きましたが「公式HP]へどうぞ、ということです。
もっというと、どんな事でも「できない人」が情報を発信することにも、意味があるのではないでしょうか。


といっても、このブログを始めて気づいたことですが、ユキコ道というのは本当に否定的な意見の方が多いメソッドであることは間違いなさそうです。
世の中で起こることは、自分の意見ではなく周りの意見が正しいことの方が多い、ということは重々承知はしておりますが、恋愛に関してはわたしはユキコ道を信じて実践しようと決めました。


わたしの人生です。
わたしがどう使ってもいい。
自己責任でユキコ道を実践中です。
実践して5ヶ月目ですが、今のところ全く後悔していませんしね。


以上が、コメントに対する返信です。

夏本番!ユキコ道の本質「恋愛も媚びずに強気でいく」のすすめ

803a8bbd7d188796dfb48f3e03a73772_t (1)

夏だからか、女子同士で恋愛話をする機会が最近多い。
聞いていて、なんと弱気な女子が多いことか。
自分も本来は弱気だからこそ、聞いていて残念に思う。
わたしも含め、仕事だったらあれだけ強気でいける女性が、なんで恋愛のことになるとあれだけ弱気になってしまうんだろう。

★ユキコ道で、根拠のない自信を恋愛で発揮することの大切さを学んだ★

ユキコ道は「待ちの姿勢で攻める=強気」という、分かりにくい方法です。
恋愛で強気というと、お目当ての彼に女性からどんどんアプローチする、と思われがちですが、ユキコ道は違う。


自分に興味がない男性は、そもそも恋愛対象として相手にしない。
自分に興味があっても、溺愛度が低い男性はどんどん見切る。
彼にとって最高の女性を演じる。(ポジティブ・凪・凛・フェザー)


これを分かりやすく言い換えると、
「わたしはあなたにそんなに興味はないけど(本当はすごく興味があるけど)、わたしと付き合いたくてそこまでするならお付き合いします」
という感じ。


また逆説的に言い換えると、
「(内心は結構いいと思っていても)わたしからアプローチすることはないし、(内心は結構つらいけど)そこまでわたしに興味がないなら追うこともしません。」
という感じ。


どちらにしても本心とは違う行動をとらなければいけないので、ユキコ道は結構つらい。
でも、NさんとRさんと連続で2人付き合ってみて分かったのですが、ユキコ道をするのがつらい相手は惚れられていない&相性が悪く、ユキコ道をするのが楽な相手は惚れられている&相性がいい、ということなのではないのか、と感じます。
といってもいまだ結婚に至っておらず、結果は出ていませんのであしからず。


ですが、今までしてきた恋愛との明らかな違いを感じているのは事実。
ユキコ道をしているときの方が、男性のテンションが高い。
ユキコ道をしているときの方が、自分に自信が持てる。
ユキコ道をしているときの方が、恋愛が楽しい。


これらは弱気だった頃の自分だったら、絶対に感じることはできなかったと思います。
いいなと思ったら、何気に自分から誘っていた。
すこしだけ自分から仕掛けていた。(勇気はないのであからさまではない)
付き合ったら好きオーラ全開になり、なぜか自分に自信がもてなくなっていた。
彼のテンションが下がっていくことに、苛立ちを感じるようになっていた。


恋愛は、本能の赴くままにしていいことなんかない。
それは恋愛だけじゃない。
でも恋愛は、ポジティブな感情をセーブする必要があるところが、ポイントなんだと思う。


わたしはどの場面でも、ポジティブな感情なら全開で出していいと思っていた。
恋愛の場面でそれをしてしまうと、高確率で逆効果になってしまうことをユキコ道で知りました。



ユキコ道は、合う人合わない人、やりたい人やりたくない人、ぱっくり別れることは分かっています。
でももし自分に自信が持てなかったり、何かを変えたいと思うならやってみてもいいと思う。
もしかしたら、自分にしっくりくるかもしれません。

スポンサー
ブログランキング
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文