溺愛されるまで諦めないブログ

バツイチ(子なし)アラフォーのジェーンです。 ありのままの婚活と恋愛の様子をどうぞ。

2018年04月

ミスがなんだ!今までのデートの反省点をまとめて次に活かそう。

lgf01a201311290100 (1)

気持ちのアップダウンが激しいジェーンです。
はい、まだまだですね。
恋愛に関しては凪の精神が保てません。
先日はこんなネガティブな記事を書いていますし笑
Nさんとの5回目デートの結果報告②これで終わるくらいなら、それはそれでいいか。


ここはスーパーポジティブになるべく、前回のミスや今までのデートをフィードバックし、今後絶対に同じミスをしないようにしていこうと思います。
それでダメなら、そこで初めて「はい!次!」ですね。


★わたしがユキコ道違反をしてしまうタイミングはいつか?★

当たり前かもしれませんが、デートが始まってすぐは大丈夫。
かなりユキコ道を意識していますし、違反したことはあっても軽いミスでした。


となると、後で後悔してしまうようなユキコ道違反をしてしまうタイミングはいつなのか。
それはNさんの宿泊先に行ってからです。


お酒もしっかり入っている。
二人きりの状況に、ついついリラックスしてしまう。
リラックスはいいけど、ついでにいらぬことを話してしまう。
今までの重たい女特有の発言が出てしまう。
自ら離れたくないオーラが出てしまう。
Nさんにとって居心地の悪い女性になってしまう…。


もっと凛とした女性になりたい。
もっとNさんにとって居心地のいい女性になりたい。
Nさんに「なんていい女なんだ!」と思ってほしい。
どんな状態の時でも、精神的に自立した女性になりたい。
もっとNさんに安心してもらいたい。
もっとNさんに弱みを見せてもらいたい…。


そう思っているのに、真逆のことをしてしまう。
周りに人がいるときはできる。
離れているときはできる。

でも二人きりになると、できない!


じゃあどうしたらいいのか。
この事実がはっきり分かっただけでも一歩前進ですが、じゃあ今後どうしたらいいのか。


次のデートのとき「明日は早いので、ここで失礼します」と帰ることにしよう。
出会ってすぐの頃以来、断ったことなかったし。
凛としている自信がないくらいなら、宿泊先に行かなければいい。
自信がついてからOKすればいい。
すごくシンプル。


じゃあ、Nさんがデートの延長を申し込んできた場合どうするか。
ユキコ道では、彼の意思を常に尊重。
この場合は外ならOK、宿泊先はNGにしよう。
自分に自信がない以上、絶対に二人きりにはなれない。
これ以上Nさんにつまらない思いをさせたくない。
自分が未熟だからですが、ここは鬼になる。


こうやって書いていてスッキリしました。
問題点を明確にすることは、本当に恋愛でも仕事でも大切ですね。


次のデートは、一応前回のデートのときにありましたが予定が合わず決まっていません。
きっとまた予定を入れてくれると思うので、そのときに実践したいと思います。
入れてくれたら、ですが笑



マッチ・ドットコム  
わたくしジェーンが登録している婚活サイト。
今まで真剣な方としかやり取りしたことがないので、おススメです。

わたしやユキコ道へのアンチコメントに返信してみようか。

IMG_0681 (1)

こんな弱小ブログでも、コメントをくれる方々がいます。
内容はどうあれ、このブログに興味を持ってくれていることには間違いがないと思いますので、この場を借りてお礼申し上げます。


それらのコメントは、わたしへの批判であったり、励ましであったり、疑問であったり、たまに激励であったり様々ですが、一つ一つ返信するよりはまとめた方が分かりやすいと思いましたので、今回投稿した次第です。
※コメント内容は省略しています


コメント①「お互い選んでもらう立場でもある事を分かっていますか?それほどあなたが誰から見ても素晴らしい女性なら話は別ですが。」

恋愛なので、お互い選んでもらう立場でもあることは理解しています。
政略結婚でもないので当然ですよね。
おっしゃる通り、わたしは誰から見ても素晴らしい女性ではない。
だからユキコ道を実践し、少しでも彼の負担にならない、居心地のいい女性になろうと努力しています。


コメント②「ユキコ道に全面的に頼りすぎて、自分がなく自分で判断する能力もない方なんだな」

コメント前半部分は、まさにその通りです。
恋愛が苦手で超絶重たい女性なので、今の恋愛スタイルをガラリと変える必要性を感じ、ユキコ道を丸ごと頼って実践しています。

後半部分は、今まで恋愛でことごとく失敗してきた経験から、自分の判断は間違えているのかもしれないという結論に達し、ユキコ道を実践してみようと決めました。
失敗続きなら、原因を見極めて自分が変わる必要がある。
恋愛に限らず、すべてのことにそうありたいと思っています。
ただ、何を信じて実践するかは、人それぞれですけどね。


コメント③「深い時間に彼女を独りで帰す男って、正直どうなんでしょうか…。自宅までとは言いませんが、せめてタクシーに乗るまで見届けるべきでは?」

この次のデートからは、タクシーを拾うところまで見送ってくれるようになりました。
支払いはわたしですが笑
ここは、もっとユキコ道を強化する必要性があると感じています。


コメント④「ユキコ道には結婚したらどうするか書いてありますか?」

少ないですが書いてあります。
こちらからどうぞ。
★ホンモノの恋愛の話をしよう★ ~ユキコ道 vol 2~


コメント⑤「みんながみんな、ユキコ道に当てはまる訳がないことは気づいてるかい?」

そうかもしれません。
わたしは成功している恋愛体験があまりないので、実際のところは分かりません。
Dr.ユキコは「ユキコ道はすべての男性に当てはまる」と提唱していますので、そちらを信じたいと思っています。


コメント⑥「なんだかその恋愛の手段と、自分が理想にみあうだけ愛されてるかどうかばかり見てるのが若干気になる」

ユキコ道は、「テクニックを使って彼氏に溺愛されよう!」という目的も確かにありますが、本来の目的は「テクニックを使って、男性も女性もハッピーに!」というもの。
なので、ユキコ道は最低限の恋愛のベースであり、そこに2人の価値観や愛情などが乗ってくるもの、だと理解しています。


確かに今のわたしはそのベース(ユキコ道)がぐらついているので、Nさんや自分の価値観や愛情まで意識が回っていない部分が多々ある。
ご指摘いただいて反省し、また理解が深まりました。
ありがとうございます。


コメント⑦「自分に自信がなさすぎてユキコ道にすがってる姿が哀れさを感じます。」

確かに自分の恋愛に自信がないです。
だからユキコ道をやってみようと、努力している最中です。
哀れに思われようが、誰にどう思われようが、わたしはかまいません。


コメント⑧「そもそもユキコ道は婚カツアプリはNGというタブーを最初に犯してるのに都合のいい所だけ厳守してるのは意味ないと思いますよ」

確かにこれはわたしも自分で矛盾していると思っています。
都合のいいところだけ、というか、ここだけです。
ユキコ道を知る前に婚活アプリで出会っているので、どうすることもできませんでした。
意味のない努力になるのかもしれませんが、Nさんと恋愛関係が続いている限り継続してユキコ道を厳守していきたいと思います。


コメント⑨「ずっと偽りの自分で接しつづけて、演技して、絆は深まるんですか?」

わたしは、ありのままの自分で接していいことが今までなかった、と思えたからユキコ道を実践しています。
偽りの自分を演じているわけではなく、自分の我を抑えてNさんに負担にならない女性になりたいだけ。
仕事も同じで、ありのままで勝負できるほどわたしはすぐれた人材ではありませんし、恋愛でも同じ。
絆はその後、徐々に深まっていくものだと思っています。


コメント⑩「不安や不満を相手にぶつけるということは、相手の方への思いやりの気持ちが足りないということ」

まさにその通り。
わたしは一度だけ口を滑らせて「不安」という言葉を使ってしまったことを、いまだに後悔しています。
フェザーな女性でいる、スーパーポジティブな女性でいることは、相手への思いやりですよね。



マッチ・ドットコム  
わたくしジェーンが登録している婚活サイト。
今まで真剣な方としかやり取りしたことがないので、おススメです。

Nさんとの5回目デートの結果報告②これで終わるくらいなら、それはそれでいいか。

lgf01a201406230300 (1)

5回目のデートでよく分かった。
ユキコ道を貫いて実践してきたわたし。
結構しんどかった。
しんどかったのは、ユキコ道がしんどかったのではなく、ユキコ道を実践しているのにもかかわらずNさんの反応が溺愛レベルではなかったから、なんだと思う。
わたしはずっとそこを勘違いしていたんだ。


★ユキコ道を厳守できなかったからといって★

Nさんとのデートはちょうどユキコ道を知った後だったので、すべてユキコ道を実践しています。
毎回ガチガチに意識してはいくものの、もちろんできない時もあった。


今回の5回目のデートも、ユキコ道を完璧には厳守できなかった。
もちろんできたところもあった。
でも、今回厳守できなかったことは致命的なところだったのかもしれない。


そう。
詳しくブログに書くこともできないくらい、自分でも致命的なミスをした。
そしてNさんから連絡はあるものの、以前とは明らかに違っている。
詳しくは書きたくもありませんが。


今回の盛大なミスは、自分の欲求を優先してしまったことが発端です。
どうしてもその時はそうしたかった。
一瞬頭の中にユキコ道がよぎったけれど、欲を優先して無視してしまった。
それが原因で、ないがしろ?まではいかないにしても、明らかにNさんの熱が冷めている。


最初の1日だけはかなりショックでした。
自分がユキコ道違反をして、この結末。
全部自分の甘さが招いた結果だと、受け止めなければいけないと思えば思うほど後悔した。


でも。
1回の気の緩みでこの結果になるということは、近い将来絶対ダメになっていた。
わたしがNさんにユキコ道を厳守できていた割合は、きっと8割は超えていると思う。
8割厳守してこの結果になるのなら、それは元々ユキコ道でいうところの溺愛彼氏ではないのだと思う。
冷静になった今はそう思える。


ユキコ道を読んでいると、奇跡の生還を遂げている人がたくさん出てくる。
今まで散々ないがしろだった彼女が、ユキコ道を実践して溺愛されている。
それまでの彼女は、呼ばれれば家に行き、家事洗濯をこなし…というのを散々やってきていたのにも関わらず。


なのにわたしはどうか。
たった一度の大き目のミスで、明らかに態度を変えられてしまった現実。
でもこのミスも、奇跡の生還を遂げている彼女たちからすればかわいいものだと断言できる。
これって…ですよね。


Dr.ユキコは「ユキコ道は、溺愛されていれば難なくできる。続けていてまだ辛いと思うのは溺愛されていない証拠」と言っています。
まさにそう。


わたしは1ヶ月以上続けていますが、最初どころか今でも苦しんでいる。
こうなっている時点で、溺愛されていないよね!と早めに行動に移すべきだった。
ブログで弱音をつらつらと書いている暇があれば、次の出会いのために動いていればよかった。


相当冷静になって考えると、Nさんとの交際は「すごく楽しかった!」と言えるのか。
大切にしてくれていたとは思えるので、5割は言えると思う。
でも、残りはやっぱり疑問を感じていました。
過去のブログを読んでいただければ分かりますが。
もう終わらせているような書きっぷりですね…。


きっと今の状況は「はい!次!」なんでしょう。
そうじゃなくてもそうすべきなんだと思う。
でも…こうやって書いてみてもまだ、吹っ切れるところまではいっていません。
弱いですね。
まだ現実を受け止め切れません。


本音は、これって溺愛されている?と思うと本当にうれしかったんです。
当てはまらない部分を見ようとしていなかった。
うれしかったから、見たくなかった。
ブログでは正直に書いていましたが。


まだNさんとは一応…どうなるか分かりません。
動きがあればまたこちらで報告します。


マッチ・ドットコム  
わたくしジェーンが登録している婚活サイト。
今まで真剣な方としかやり取りしたことがないので、おススメです。

Nさんとの5回目デートの結果報告①まだわたしは不安から解放されない。

lgf01a201307280800 (1)

人は知らない間に貪欲になっていく。
今のわたしがそう。
自分が成長していないのにもかかわらず、Nさんには望んでいた。
ユキコ道では、彼に「要求」「要望」禁止。
にもかかわらず、心のどこかで望んでいた。


Dr.ユキコいわく、「ユキコ道をきっちりしていれば、彼は何も言わなくても望んでいる以上のことをしてくれる」「もしそうならないのなら、きちんとユキコ道ができているかを見直すべき」だそうです。
とほほ。


★わたしがプロポーズ後の初デートで望んでいたこと★

自分が成長していないのもかかわらず、わたしが今回のデートで望んでいたこと。
今となっては、こうやってブログに書くことさえ恥ずかしいですが。


百貨店で待ち合わせ
Nさんに「指輪はどんなものがいいですか?」と言われる
百貨店内をウロウロして試しにつけてみたりする
Nさんにデザインとサイズを聞かれる
店員さんに「おめでとうございます」と言われる
2人でほほえむ
・・・


本気でこうなるものだとばかり思っていました。
この行動をされて、初めて心底安心するんだと思ってた。
Nさんはプロポーズの言葉を口にしただけ。
今まで行動で見せてくれていたNさんだから、余計に期待してしまった。


★実際の5回目のデートプラン★

待ち合わせ場所につくと、「今日は観光しましょうか」と。
町の中心地で待ち合わせしていたので、てっきり百貨店かと思っていたわたし。
「え!?」と思いましたが、「はい!」と回答。


以前Nさんもわたしも好きだと言っていた観光地に、タクシーで移動。
そこは落ち着いたところで、観光地なのにあんまり人がいなくてゆったり。
2人ともそこが気に入っていたので、気持ちよく観光できました。


Nさんはゆったりと散策しながら歩くのが好きっぽい。
男性はお散歩好きなんでしょうか?
女性は散策しながらゆっくり歩くって、あまりしない気がします。
ただNさんが好きなだけかもしれませんが。


ユキコ道では会話はオウム返しなので、基本Nさんが話しかけてくるのを待っては話す、を徹底しました。
これが本当にきつかった。
歩きながらだと色んな情報が入ってくるので、ついついわたしから話したくなる。
まだ食事しながらの方がきつくなかったんだ、と知りました。


★ずっとノーアクセサリーでデートに挑んでいますが・・・★

やっぱりどうしても気になる。
ユキコ道では、デートではノーアクセサリーを推奨されていますので、頑なに守っています。
ですが…
Nさんからアクセサリーのプレゼントはいまだに無し。


毎回それ以外のプレゼントは何かしらくれます。
それでもすごく嬉しいんです。


ですがユキコ道であれだけ「彼女アクセサリーいつもしていないな。よし!僕がプレゼントしよう!となる」と書かれている。
Nさんはそうならないんだ…と思うと、やっぱりちょっと悲しい。
しかもプロポーズした後。
それでもそうならないんだ。


やっぱりこのプロポーズは、真に受けないほうがいいのかもしれない。
単なる自分の高ぶる気持ちを、そういう風に言ったのかもしれない。
行動で見えてこない。
わたしに見えないところで動いているのかも知れないけれど、わたしの不安はやっぱり消えない。
行動が伴わないプロポーズなんて、逆に誰でも言える。


ユキコ道は、溺愛されて不安を微塵も感じない恋愛・結婚をするためのもの。
順調に進んでいるように見えるNさんとの交際も、ずっと3割くらいは不安が張り付いている。
過去のブログを読んでいただければ分かります。
Dr.ユキコいわく、「不安は結婚後に必ず拡大する。悩むくらいなら、はい!次!」だそうです。
とほほ。


Nさん以外も見ていくべきなんでしょうね。
不安に感じるんですもん。
それか、Nさんのことを今まで以上に考えないために超絶忙しくするか、ですね。


続く。


マッチ・ドットコム  
わたくしジェーンが登録している婚活サイト。
今まで真剣な方としかやり取りしたことがないので、おススメです。

Nさんとの5回目のデートの日。デートプランが分かりません!

lgf01a201309101700 (1)

Nさんとのデートの前日は、必ずといっていいほどあまり眠れません。


わたしはもともとすごく寝つきがよく、今まで眠れなかったことはほとんどなし。
小学生くらいに、ワクワクしすぎて眠れなかったことが1回か2回あった程度。
大人になってからも、本当に数える程度です。


ですが、Nさんとのデート前日は必ず寝不足になる。
寝ようと思ってもすぐに目が覚める。
アドレナリンが放出されているのがはっきりわかる。
体は疲れているのに、脳が覚醒しているのがわかる。


というわけで、今日はこれからデートなので寝不足です。
いつもなら、横になるだけでいつの間にか眠っているのに!
無駄に早起きしているので、ブログを書いて落ち着きます。


★いつもは夜デートなので、お昼からのデートにド緊張★

今思えば、夜ってなんか安心します。
薄暗いので、多少メイクのりが悪くてもカバーできる。(毎回寝不足なので)
しかも食事にはお酒も一緒なので、脳も麻痺して緊張も早くとれる。


でも今日はお昼から。
いつもなら予約してくれているお店に直行して、すぐに食事しますが…。
お昼だからどうするんだろう。
遅めのランチしようと言われたときのために、何も食べないで行こう。
そしてランチしたとしても、その後どうするんだろう。


「どこか行きたいところはありますか?」とか言われたらどうしよう。
きっと何も答えられない。
何か考えておいた方がいいのかな。
ユキコ道では「聞かれたら答える」と書かれているので、やっぱり何か考えておいた方がいいのか。
ここは流れに任せた方がいいのか…。
あぁ…分からない。


★プロポーズ後の初めてのデートなので、再度ユキコ道をおさらい★

絶対に気を抜いてはいけない。
単純なわたしのことだから、きっと気が緩むに決まっている。
ここが一番重要なデート。
ユキコ道ではデートは量より質。
1回1回が本番なんだ。


ここでもう一度ユキコ道の最重要ポイントを整理しておきます。
できそうにないものから順番に並べてみました。


オウム返し(たまに要注意!)
スーパーポジティブ(たまに要注意!)
凪・何があっても平常心(たまに要注意!)

おいしく完食(無理すれば絶対できる)
お礼を何度も言う(絶対できる)
内面をほめる(絶対できる)
愚痴・批判禁止(絶対できる)


このブログで何度も書いていますが、オウム返し自体は大丈夫。
でも自分のことが言いたくてウズウズするし、Nさんに質問したくてウズウズしてしまう。
今までのデートを振り返ると、リラックスしてきた夜が一番危険。
お酒が入ってきたときこそ、オウム返しを徹底しよう。


そしてわたしは基本スーパーポジティブなので大丈夫ですが、たまにネガティブな言葉を口にしてしまいます。
ユキコ道をするまでは、ほんの少し嫉妬してみるのがかわいいと思っていたので、癖になってしまっているようです。
痛いですね…。
そんな小ざかしい言葉が出かかったら、にっこり微笑むようにします!


また今まで、彼氏にべったり甘える超絶重たい女性だったので、気が緩むと自然にNさんに甘えたくなってしまうんですよね…。
もっと言うと、ちょっとでも不安になるようなことを言われると(Nさんはまったくそんなつもりはないですが)泣きそうになる始末。
重すぎですね。
もしこうなりそうになったら、


ユキコ道のサングラスをかけた女性の顔を思い出します!笑

ふー。
まだまだ課題はたくさんありますが、自分の癖も分かってきました。
今までのデートの反省も踏まえて、今日のデートも気合入れて頑張ってきます!


マッチ・ドットコム  
わたくしジェーンが登録している婚活サイト。
今まで真剣な方としかやり取りしたことがないので、おススメです。

スポンサー
ブログランキング
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文