images (1)

前回のブログに書きましたが、ユキコ道をやめる宣言をしてからなぜかユキコ道ができるようになっているジェーンです。


「電話を自分から切れるようになった」
「オウム返しができるようになった」
と書きましたが、もう一つの
「1日1通3行メール」
もすんなりできるように。


以前からメールは少なくできていましたが、厳密に「1日1通3行メール」を守れていたかと思えばそうじゃなかった。
自分に甘かったですね。
でもその時は甘えたわけじゃなく、頑張ってはいたけれど恋愛偏差値が低すぎて色々無理だっただけ。
今になって振り返ると、ぜんぜんユキコ道できていませんでした。


じゃあなんで、ユキコ道を諦めた瞬間に「1日1通3行メール」がすんなりできるようになったのか。
それは、


用事がなければ連絡しない
どうせなら1通で終わるように書く


この2つを意識しただけです。


そもそも連絡したくなるのは、こんな思いからでした。
「今日こんなことあった!」→別に用事ではない
「メールがあったから返信したい!」→返信しなきゃいけない用事でもない
「Rさんから返信がほしい!」→ユキコ道的に問題外!


それを一切しなくなった。


そもそも彼氏に用事なんてそんなにない笑


デートの希望や食べたいものを聞かれたときに返信するくらいでしょうか。


こんな感じでいたら、
メールより電話が圧倒的に多くなった
次のデートのことをデート中に言ってくる
用事を早く終わらせてわたしに会おうとする



ユキコ道やっぱりすごいですね。
やっぱりどの恋愛指南書よりも確実な気がします。


そして、Rさんから連絡がないときはどういうときかも分かってきました。
仕事のことでピリピリしている
家族のことでピリピリしている

どうやらこの2つのよう。


Rさんから電話がかかってきたときに、「仕事で〜」とか「家族の〜」と話題が出て、少しピリピリしているのが伝わってくるのでなんとなく分かるようになりました。


ということは、「そんな精神状態のときにわたしから電話やメールを送ったところで」ですよね。
それより、「そんな精神状態のときでも時間を作ってRさんが電話してきた」の方がいい。


どちらにしても、わたしからの連絡は最小限。
1日1通3行メールか、それ以下。
電話は折り返しのみか、なし。
これは今のところ完璧でございます。