803a8bbd7d188796dfb48f3e03a73772_t (1)

夏だからか、女子同士で恋愛話をする機会が最近多い。
聞いていて、なんと弱気な女子が多いことか。
自分も本来は弱気だからこそ、聞いていて残念に思う。
わたしも含め、仕事だったらあれだけ強気でいける女性が、なんで恋愛のことになるとあれだけ弱気になってしまうんだろう。

★ユキコ道で、根拠のない自信を恋愛で発揮することの大切さを学んだ★

ユキコ道は「待ちの姿勢で攻める=強気」という、分かりにくい方法です。
恋愛で強気というと、お目当ての彼に女性からどんどんアプローチする、と思われがちですが、ユキコ道は違う。


自分に興味がない男性は、そもそも恋愛対象として相手にしない。
自分に興味があっても、溺愛度が低い男性はどんどん見切る。
彼にとって最高の女性を演じる。(ポジティブ・凪・凛・フェザー)


これを分かりやすく言い換えると、
「わたしはあなたにそんなに興味はないけど(本当はすごく興味があるけど)、わたしと付き合いたくてそこまでするならお付き合いします」
という感じ。


また逆説的に言い換えると、
「(内心は結構いいと思っていても)わたしからアプローチすることはないし、(内心は結構つらいけど)そこまでわたしに興味がないなら追うこともしません。」
という感じ。


どちらにしても本心とは違う行動をとらなければいけないので、ユキコ道は結構つらい。
でも、NさんとRさんと連続で2人付き合ってみて分かったのですが、ユキコ道をするのがつらい相手は惚れられていない&相性が悪く、ユキコ道をするのが楽な相手は惚れられている&相性がいい、ということなのではないのか、と感じます。
といってもいまだ結婚に至っておらず、結果は出ていませんのであしからず。


ですが、今までしてきた恋愛との明らかな違いを感じているのは事実。
ユキコ道をしているときの方が、男性のテンションが高い。
ユキコ道をしているときの方が、自分に自信が持てる。
ユキコ道をしているときの方が、恋愛が楽しい。


これらは弱気だった頃の自分だったら、絶対に感じることはできなかったと思います。
いいなと思ったら、何気に自分から誘っていた。
すこしだけ自分から仕掛けていた。(勇気はないのであからさまではない)
付き合ったら好きオーラ全開になり、なぜか自分に自信がもてなくなっていた。
彼のテンションが下がっていくことに、苛立ちを感じるようになっていた。


恋愛は、本能の赴くままにしていいことなんかない。
それは恋愛だけじゃない。
でも恋愛は、ポジティブな感情をセーブする必要があるところが、ポイントなんだと思う。


わたしはどの場面でも、ポジティブな感情なら全開で出していいと思っていた。
恋愛の場面でそれをしてしまうと、高確率で逆効果になってしまうことをユキコ道で知りました。



ユキコ道は、合う人合わない人、やりたい人やりたくない人、ぱっくり別れることは分かっています。
でももし自分に自信が持てなかったり、何かを変えたいと思うならやってみてもいいと思う。
もしかしたら、自分にしっくりくるかもしれません。