無理もしない 我慢もしないで愛される 溺愛理論



「溺愛理論」実践中です。
あー恋愛がいつもうまくいかない…とずっと悩み、超スパルタなユキコ道を試して自分らしさを見失ったあげくストレスで爆発する、というのを繰り返してきました。


それでも、今までの自分で恋愛したらまた失敗する。
原因は自分にもあると自覚している。
でもユキコ道を厳守しようとするほどストレスがたまる。
でもありのままだとうまくいかない。
この無限ループ。


そこで見つけた「溺愛理論」は、本当にノンストレス。
ユキコ道では絶対にタブーとされることも、全然やっちゃいます。


たとえば、「好きって言ってほしいな」と言うとか。
ユキコ道だったら絶対にタブーですが、溺愛理論は乱暴に言うと「自分の欲求を呟くように伝え、叶えてくれたら3回感謝しましょう」と書かれています。
これだけでも恐ろしく違う。


しかもそれが、瀬里沢マリさんの研究データに基づいた成功法則、というところがポイントです。
ユキコ道は「結果がでる」というゴールはありつつも、根拠となるデータがない。
ですが、溺愛理論はデータがある。



実際Rさんに実践中ですが、今までより確実に嬉しそう。
もともとわたしが「自分の欲求」をストレートに言うタイプだからなのか、全く不自然さはないですし、わたしもノンストレス。
Rさんは笑いながら、毎回すぐに「わたしの欲求」を満たしてくれます。
でもたまに叶えてくれないこともある。
それはそれ。
それはしたくないことなんだな、でスルー。


そして…試して1週間くらいで、「ここで一緒に住むとしたら」という発言が飛び出しました。
わたしは付き合う前に、「同棲はしない」とはっきり伝えています。
ムムム。
ま、そこまで深く考えていなさそうですが。


それを言われた時は、「そんなこと考えてくれるの!?うれしー!」と反応。
本音です。
もうRさんには本音しか言いません笑


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

【別れたらまた登録するつもり】
マッチドットコムは好印象。今のところ真剣な方しかいません。